2017
04.10

ゴースト・イン・ザ・シェル

Category: 映画
 4月8日(土)新宿ピカデリーにて映画「ゴースト・イン・ザ・シェル(2D字幕版)」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170408_081842.jpg
 押井守監督作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」「イノセンス」は好きなので、ハリウッド実写版がどうなっているのか気になっていたので初日に行きたかったが時間が合わず、2日目の朝一8時20分上映回に入場。

 230人程のキャパに半分も入っていない状態(多分100人位)のようでした。

 オタク映画と思われ一般客に敬遠されているのかな?


 あらすじ:近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。


 配給・制作など資本提供した会社がスクリーンに映し出されて、あぁやっぱり中国資本が入っているなと確認し嫌な予感を抱きつつ観ていたら、オープニングがアニメの画と同じ感じで、音楽までも同様の雰囲気なのに驚きながらも(尚且つ、エンドロールの曲までも)、本気で作ったな、と感じた。

 スカ・ヨハの”素子”が問題視されていたが、何のことは無い、始まりは”素子”では無く”少佐”として登場している。

 なので自分は気にならなかったし、逆に、彼女しか居なかったんじゃないか、とさえ思えた。

 彼女の演技力、存在感なしに本作品は成功しなかったのではないか、と。

 早々と”成功”と言ってしまいましたが、想像していたより、良かったのでそう思いました。

 押井守監督作を大好きな人たちは、”改変”だ”汚された”だとか、こんなのは”攻殻機動隊”じゃない、などと言うかもしれません。

 アニメの内容は、正直自分のような頭の悪い人間には哲学的だったりして分かりづらい部分がありました。

 でも、実写版はお話的には分かりやすくしてあり、アニメを知らない所見の人でも観られるようになっているのではと思います。

 当然知ってる方がより楽しめますが・・

 なので”改変”とか言われても、アニメと全く同じ内容だったら作る意味が無いと思ってしまいます。

 
 とはいえ、”公安9課”の扱い方(もう少し組織としての活躍が見たかった)が物足りなかったり、”ビート・たけし北野”の荒巻だけが日本語だったり、背景が”香港”すぎたり、と、細かい部分に不満がありますが、まぁ取るに足らない事かな、と。


 責めて”赤字”にならない程度にはヒットして欲しいと願っていますが、どうなりますかね。

 可能なら、続編を見てみたいかな、とも・・・



     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
04.08

最近見たDVD

Category: DVD
 ここ数週間、DVDを借りる機会が増えた。

 それは、「深夜食堂」「孤独のグルメ」に嵌ったから(今頃・・)。

 「深夜食堂」はレンタルで出ているTVドラマシーズン3までと映画1作目を見ました。

 マスター(小林薫)が、”出来るものなら何でも作るよ”とお客さんの注文に応え、その料理に関わる人間模様が描かれます。
 
 そのお話が結構渋くて、酒を飲みながら見るのにとても適していて、時には胸にグッときて泣いてしまう回もありました。

 そういう意味では、”料理”よりも”お話”の方がメインですね。


 「孤独のグルメ」はレンタルでシーズン3まで見ました(シーズン5まで出てます)。

 こちらはガッツリ”料理”がメインです。

 輸入雑貨を営む井之頭五郎(松重豊)が、仕事で訪れた街で本能の赴くまま、お店を選び、料理と向き合うお話です。

 知ってる街、知らない街をぶらりして其々の街並みも見れるし、毎回違う料理が紹介されるので飽きずに見れます。

 また、紹介されたお店に、原作者久住さんが訪れて麦ジュース等を飲みながら料理を楽しむコーナーも面白いです。

 そしてお気に入りは、エンディングで流れる「松重”五郎”豊のテーマ」。

 ♪ゴローオ、ゴローオ、ゴローオ、イッノッガッシッラッ、フゥー♪

 もう頭からこの曲が離れません(笑)。


 シーズン6にして初めて記者会見を開いた松重豊さんは、”何故このタイミング?”と困っていた様ですね。

 体を壊さない程度に続けて欲しいものです。



 他に、DVDで観た映画で良かった作品を一つ。

 「あん」

 2015年作、監督・脚本:河瀬直美、原作:ドリアン助川
 出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子他

 内容について何も知らずに、評判が良かったな、くらいでレンタルした作品でしたが、後半ボロボロ泣きながら見てました。

 ”ハンセン病”についても知らなかったので、ここまで差別されていたことに恐ろしくさえ思いました。

 また、樹木希林さんと市原悦子さんが初共演というのも意外でしたが、この方々の演技は、もう”神”の領域といった感じですね。

 希林さんと孫の内田伽羅ちゃんとの共演もホノボノした感じで良いですね。


 自分のこれからの(これまでの)人生について見つめ直そうと思う、そんな映画でした。


 多くの方々に観て欲しい映画です!
Comment:0  Trackback:0
2017
04.03

パッセンジャー

Category: 映画
 4月1日(土)新宿バルト9にて映画「パッセンジャー(2D字幕版)」をファーストデー鑑賞。
    IMG_20170401_082228.jpg
 観たい作品が色々あったが大体混雑(ファーストデーのため)していて、本作品が一番空いていたようだったので決定。

 バルト9は数年ぶり2回目の利用になるのかな?多分、8時30分上映回に入場すると、やっぱり狭い感じがしてしまうのを前回も思った気がした。

 お客さんは40~50人程だと思われます。


 あらすじ:近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、人々の移住地に向かうべく地球を出発。到着までの120年、冬眠装置で眠る乗客のうちエンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが、予定より90年も早く目覚めてしまう。絶望的な状況を打破しようとする二人は、次第に思いを寄せ合うものの、予期せぬ困難が立ちはだかり……。


 想像してた話(上のあらすじにしても)と違ってて、ジムを人間的に許せない気持ちのまま最後まで映画を観る羽目になってしまった。

 言いたいこと色々あるけど、まぁ色々ネタバレだらけになってしまうので我慢しますが、他の方のレビューを見ると、自分のように思っている人がそんなに多くないのかな、と。

 楽しめたのならそれでいいんですけど、そもそも宇宙の事が殆ど解明されていないのに全員寝たまま無事に着けると思えるところが凄い。

 何かあった時のために起きているクルーが必要だけど、宇宙船の中で死ぬのが分かっていて乗り込む人が居るとも思えないので、こういう展開にしないといけなかったんだとは思います。

 最低限必要な人が起こされて、乗客(パッセンジャーズ)を救うためのお話ということなのでね。


 ラストも感動的な終わり方になってますけど、ジムのしたことは許されないですから、それは忘れて欲しくないですね。


 正直、内容が分かっていたら多分観なかったと思われるので、お勧めしませんが、感動して泣いている人がいたりしているようなので、観たいと思っている人はお止しませんよ。


     満足度:★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
03.30

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

Category: 映画
 3月25日(土)シネマカリテ新宿にて映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」を前売り券で鑑賞。
    IMG_20170325_131633.jpg
 何を隠そうタイトルに惹かれて観たいと思っていて、「キングコング・・」の後、東京ヴェルディのゲームまで時間があるので、良さそうな映画を探していたら本作品が丁度良く、然も移動中に金券ショップで前売り券も売っていたので、これは運命(大袈裟・・)と思い観る事に。

 11時25分上映回に入場、時間ギリギリで予告編も無く本編からの上映でした。

 お客さんは30人弱と思われます。


 あらすじ:ウォール街のエリート銀行員ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は順調に出世し、リッチで何不自由のない生活をしていた。ある日、交通事故で美貌の妻が他界するが、涙を流せず、感覚を失っていることに気付く。彼は義父の言葉をきっかけに、身近なものを壊し始め……。


 突然妻が居なくなってしまう設定は、昨年に観た「永い言い訳」と同じだが、こちらの旦那(モッくん)は浮気してたけど、ジェイクの方はそんなゲスでは無い。

 とはいえ、妻が死んでも涙を流せない(泣けない)ところは同じで、自分ははたして妻を本当に愛していたんだろうかと悩みます。

 で、身近にあるものを解体(分解)や破壊をし始める。

 そんな時、全くの他人のナオミ・ワッツと息子役ジュダ・ルイスと出会い、それぞれが影響を与え合い、生活が変わっていく。
 (この3人の演技が凄く良かった)

 この辺りから展開が読めなくなり、”それ遣りすぎじゃね”とか思うシーン(銃のくだりや街中で踊ったり)があったり・・

 精神を保つために必要な行為だとは思うけれど、自分ならとても同じことはできず、うつ病とかになっちゃいそうです。


 そして”雨の日は会えない、・・”のメモが、あるところから出てきて、邦題に惹かれて観に来て良かったな、と妙に感慨深くなりました。


 本作の内容を何処まで理解出来たか不安ではあるが、意外に清々しく劇場を後に出来たのは良かったです。


     満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
2017
03.27

キングコング:髑髏島の巨神

Category: 映画
 3月25日(土)新宿ピカデリーにて映画「キングコング:髑髏島の巨神(2D字幕版)」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170325_082455.jpg
 バイト明け後、早い時間に観られる映画を探して本作品を選択。

 8時40分上映回に入場、お客さんは300席のキャパに半分以上は入っていた様です。


 あらすじ:コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。


 キングコングが間違いなく主役の映画で、然も”怪獣映画”と呼べる内容でした。

 人間は成すすべなし、皆この島に来たことを後悔してももう遅い、生きて脱出できるのか?、期限は3日間。

 キングコングは人間の敵では無いけど、”俺の庭を荒らすやつ”は許せないとばかりに暴れる。

 そう、どう考えても人間の方が悪い。

 でも殺された部下のために復讐に燃えるサミュエル・L・ジャクソンだけは違っていた。

 彼のアップとキングコングの顔がソックリで怖くなった(笑)。

 そんな闘いとは別に、島で生息する”巨大生物”達vs人間やコングとの戦いはドキドキしました。

 終盤に襲ってくる”スカルクローラー”は”エヴァの使徒”の様でもあり、非常に凶暴で強い。

 そしてコングは昔ながら女性に優しい設定、これは外せない。


 3DやMX4Dや大スクリーン向けの映画なのでしょう、アトラクション的な感じで楽しんだら、もっと面白いのかも。


 もうコングをそっとしといてと思うんだけど、続編作るのね、どうしても戦わせたいのねゴ○ジと(エンドロール後の映像あり)・・・


      満足度:★★★☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top