2016
04.13

ルーム

Category: 映画
 4月12日(火)TOHOシネマズにて映画「ルーム」をシネマイレージデー鑑賞。
    IMG_20160412_092546.jpg
 第88回アカデミー賞最優秀主演女優賞(ブリー・ラーソン)を受賞した時点で気になった本作ですが、実際にあった事件を基にした小説の映画化なので、限りなく”実話”に近いお話ということになると思い観たいと思いました。

 勿論、原作は未読です。

 評判も頗る良いので期待して、バイト明け後朝一9時30分上映回に入場、お客さんは23人でした。


 あらすじ:施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。


 いやー、観ていて辛いヘビィな映画だった。

 ラスト、ジャックに救われた気分にはなれるけれども・・

 前半が監禁されてる”部屋”のシーンで、後半が”世界”へ出てからのお話。

 後半、”部屋”から出れて良かった良かった、って思っていたら、あれっ、何か変だぞ、ジャックが”部屋”に戻ろう、とか言ってる?

 ジョイ(ジャックの母)はPTSD?のせいか苦しんでるし・・

 観ている側は”部屋”に居た方が良かったのか?とまで思ってしまう。

 まぁ、監禁自体が無かった方が良かったのだろうが、そうしたらジャックは生まれなかっただろうしなぁ、とも。

 印象的なところは、グランパがジャックの顔を見られないシーン(物凄く気持ちが伝わった)と、グランマがジャックの髪の毛を切るシーンです。

 あと演技に関して、主演女優賞は納得(難しい役だったから)だけど、”主演男優”もあげていいんじゃないかっていう位ジェイコブ君は凄かった!

 彼を発見したことがこの映画の成功に繋がったと言っていいでしょう。

 色々書きたい事があるけれど、ネタバレになるのでこの辺で。

 
 本作が少しでも気になっているという方がいれば、観ておいた方がよいと思います。


      満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/997-ccb823a1
トラックバック
コメント
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒http://wb2.biz/gGb
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
きみきdot 2016.04.13 04:46 | 編集
 始めましてsk38です、コメント有難う御座います。
 リンク、宜しくお願いします!

> 突然の訪問、失礼いたします。
> 私はこちら⇒http://wb2.biz/gGb
> でブログをやっているきみきといいます。
> 色々なブログをみて勉強させていただいています。
> もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
> 「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
> 私もリンクさせていただきます。
> よろしくお願いします^^
sk38dot 2016.04.14 03:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top