2016
02.27

オデッセイ

Category: 映画
 2月23日(火)TOHOシネマズにて映画「オデッセイ(2D字幕版)」をレイトショー鑑賞。
   IMG_20160223_235717.jpg
 本作品も第88回アカデミー賞作品賞、主演男優賞等主要7部門ノミネートされている話題の映画の一つで、今年公開された映画で今のところ一番のヒットとなっています。

 そして、満足度も高いのでとても期待してしまいますよね。

 自分は今年初のレイトショーでやっと観る事ができ、平日だけど14人のお客さんが入ってました。


 あらすじ:火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。


 原作があったことを観終わってから知りました、勿論読んでません。

 思っていたよりコメディ色が強く、深刻さをワザと感じさせないように作られたんでしょうかねぇ。

 観客は火星に居るワトニーのサバイバルを疑似体験するかのような感覚になります。

 また、使われているディスコサウンドも陽気にさせてくれます。

 かたや、地球に居る人たちはかなり悲壮感が漂ってます。

 舞台が行き成り中国に移ったときは、また中国マネーのせいなのか?と思っていたら、どうやら原作に含まれている話のようで、勘繰りすぎだったみたいです。

 それだけ中国という国をもう無視できなくなってきたということなんでしょうか。


 これだけのスケールの作品だとやっぱり映画館(2D版でも十分でしょう)で楽しんだ方が良いでしょう。


 ただ残念ながらアカデミー賞はあったとしても音響や視覚効果あたりの受賞に留まりそうですね(個人的予想)。


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/986-8bb71665
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top