2016
02.15

ドラゴン・ブレイド

Category: 映画
 2月12日(金)TOHOシネマズにて映画「ドラゴン・ブレイド」をムビチケ鑑賞。
    IMG_20160212_090844.jpg
 ジャッキーの映画なら観ない訳にはいかない、ということで、バイト明け後、公開初日の朝一9時15分上映会場に入場。

 お客さんは27人程で殆どが年配の方々でした。


 あらすじ:前漢時代、中国シルクロード国境近辺では36もの部族がそれぞれ覇権争いを繰り広げていた。西域警備隊隊長フォ・アン(ジャッキー・チェン)は久々に教師の妻(ミカ・ウォン)の元に戻ったものの、金貨密輸の濡れ衣を着せられてしまう。そして、彼が部下と共に雁門関に流されてから数日後、ルシウス(ジョン・キューザック)率いるローマ帝国軍が現れる。


 制作に7年、80億円を投じて作られた本作品。

 エンドロールに流れる”NG集”を見るだけでも過酷な撮影だったんだろうなと(特に砂嵐とか)。

 しかも、エイドリアン・ブロディ、ジョン・キューザックと共演なんて素敵じゃないですか!

 ブロディさんは、憎らしい悪役で異彩を放ち、キューザックさんは、ジャッキーとの熱い友情を育み泣かせてくれます。

 ジャッキーの”平和”への願いがヒシヒシと伝わってくる作品です。

 時代背景を知っていたらもっと楽しめたのかもしれません。

 頑張っているジャッキーのためにも、10億位稼いでもらえると嬉しいんですけど、いいとこ5億くらいなのかなぁ。

 
 ジャッキーのアクションが何時まで観られるのか分かりませんが、映画を作ってくれる限り応援したいと思っております。

 まぁ、自分の方が先に逝ってしまうかもしれないですけどね(笑)。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/982-99b9964d
トラックバック
鑑賞している間中、私はずっと腹が立って仕方なかった。こんなに面白い作品を、どうしてガンガン宣伝して上映館数を増やさないのだろう?TO◯Oシネマズなんて上映2週間で打ち切りだ。どうしてこの作品を文科省推薦にしないのだろう?私が中学校の社会の教師なら、特別授業と言って自腹で生徒を連れて行ってもいい(ひとクラスに限るけど)。いや、これについては後半にかけての残虐なシーンの多発に、青少年へのご推薦は...
「ドラゴン・ブレイド」 dot ここなつ映画レビューdot 2016.03.08 13:21
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top