2015
12.27

杉原千畝

Category: 映画
 12月26日(土)新宿ピカデリーにて映画「杉原千畝」を割引クーポンにて鑑賞。
    IMG_20151227_020341.jpg
 毎年12月は繁忙期のため、映画を観る本数も減るし、ブログへの書き込みも中々出来ずじまいでしたが、ここまでくればもう忙しさの峠を越えたので、今日の夜も仕事だけど暇な筈だから、朝一8時10分から上映の本作品を観ることに。

 恥ずかしながら、杉原さんの事は全く知らない状態での鑑賞になります。

 お客さんは16人でした。


 あらすじ:1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。ところがその後彼を警戒するソ連から入国を拒否され、念願の在モスクワ日本大使館への赴任を断念することになった杉原は、リトアニア・カウナスの日本領事館への勤務を命じられる。同地で情報を収集し激動のヨーロッパ情勢を日本に発信し続けていた中、第2次世界大戦が勃発し……。


 まぁ、なんと、素晴らしいお方だったんですね、”センポ・スギハラ”さんは。

 ”人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして報いを求めぬよう”

 の言葉が心に沁みました。

 それに比べて”日本国”のなんとダメダメなこと、嘆かわしい・・

 結構な歴史の勉強になりましたが、映画として楽しめたかと言われると、首を縦には振れません。

 少し前に観た「ブリッジ・オブ・スパイ」と比べてしまうと、可哀そうになってしまうくらい残念な作品です。

 脚本のせいなのか、演出なのか、全てなのか、題材が良いだけに勿体無いです。


 観終わってから、皆さんのレビューを読ませてもらったら、結構多くの人が”杉原”さんをご存じなことに驚きました。

 と同時に、本作品にガッカリしている人の多いことに少し安心(自分と同じ気持ちで)しました。

 
 まぁ、”杉原”さんを知るキッカケになったので本作品にはお礼を言っておきます。


     満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/972-dcd85c1b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top