2015
11.17

グラスホッパー

Category: 映画
 11月12日(木)TOHOシネマズにて映画「グラスホッパー」をフリーパス鑑賞。
    IMG_20151112_091946.jpg
 今日もバイト明け後に劇場へ。

 原作を読んだのが何年前か忘れた位なので内容もあまり覚えていない状態での映画鑑賞になります。

 でも、伊坂幸太郎原作の映画化は難しいと思っているので、正直期待はしていません。

 大体、小説の方が面白いですからね。

 それでも世間的には関心が高いんでしょうね、お客さんは23人居ました。


 あらすじ:恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。


 「MOZU」に続いて殺し屋が出てくる映画なので、日本には殺し屋がどんだけいるんだよって思ってしまいます。

 やっぱり、伊坂さん原作の映画化は本当に難しいですよ。

 この映画を観て、私たちは何を感じればいいんでしょうか?

 ”鯨”については浅野さんも良い感じだったし、殺し屋としての背景も理解できた。

 でも他の人達に関しては説明不足のためキャラが活きてこないので、役者さんたちがいくら頑張っても観る側に何も訴えかけてこないんです。

 主人公なんてただの操り人形としか思えない描かれ方でした。

 吉岡くん演じた”押し屋”の台詞がこの映画で言いたかったことなのかなと感じましたが、それでもボンヤリとしか分かりませんでした。

 
 渋谷のスクランブル交差点を俯瞰で写した映像だけが印象に残りました。


     満足度:★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/956-8a772472
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top