2015
10.29

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

Category: 映画
 10月26日(月)TOHOシネマズにて
 映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」
 を1か月フリーパスにて鑑賞。
    IMG_20151027_045405.jpg

 だいぶ前に6000マイル貯まっていましたが、どのタイミングでフリーパスを使おうか悩んで、本当なら2日前の土曜日からの予定が今日にずれ込んでの開始になりました。

 フリーパスは今回2度目で、前回は確か2年前のこの位の時期だったと思われます。

 まぁ、この季節が一番映画を観ようかなと、自分が思う時期なのかもしれません。

 ということで、一発目に本作を選びました。

 特に理由は無く、手続きをして一番早く観られる作品が本作だったというだけのことです。

 前作を観て、期待は全くしていませんが、取りあえず原作が連載中の状態でどんな風に終わらすのか、宣言通りタダで看取ってやりますよ。

 お客さんは6人でした。


 あらすじ:100年以上ぶりに現れた超大型巨人に多くの人間が捕食され、生き残ったエレン(三浦春馬)は調査兵団の一員として外壁修復作戦を決行。しかし巨人に襲われてしまい、アルミン(本郷奏多)をかばったエレンは巨人に飲み込まれてしまう。その直後、黒髪の巨人が出現し、ほかの巨人たちを攻撃するという謎の行動を見せる。人類の存続を懸けて彼らは巨人たちと戦い続けるが……。


 もう原作なんて、頭から完全に消し去って観ましたが、それでも色々突っ込み要素多すぎでした。

 でも、出演者も内容も大分絞り込んだ形になっていて、それなりな終わり方をさせていたので安心しました。

 エンドロール後の映像は今後に含みを持たせているようですが、これだけ叩かれて続きを作るとは思えませんけどね。

 普通の巨人が殆ど登場しなかったけど、相変わらずグロいシーン(カメラのレンズに血飛沫とか)があり、途中で訳の分からない部屋(空間?)が出てきて、エレンとシキシマの衣装が変わるは、砂場になったり、一体何がしたいのか分かりません。

 そういう所を除けば、それ程の驚きもなく、ある意味想像通りの終わり方でした。

 だって設定が日本だし、前篇であんな台詞言ってたし、巨人の秘密も、ねぇ。


 結局、大型巨人だけが見所な感じでした。


     満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/943-7ec4e5ae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top