2015
09.30

GONIN サーガ

Category: 映画
 9月18日(金)角川試写室にて試写会「GONIN サーガ」を鑑賞。
    IMG_20150926_042942.jpg
 当時リアルタイムで前作を観ていて、その続編はちょっと気になったので試写会に応募したら当たったので、期待を込めて初めて訪れる角川へ上映開始10分前に乗り込んだ。

 そしたら補助椅子しか空いていないとの事で、その中でも観やすそうな位置を確保して、渡されたアンケート用紙を睨みながら上映を待った。


 あらすじ:1995年。多額の借金を抱えた万代をはじめとする5人組が、指定暴力団五誠会系大越組を襲撃して現金強奪に成功する。だが、大越組がヒットマンを放ったことにより事件は激化。関与する者たちは命を落とし、大越組も解散した。2014年。五誠会は3代目・誠司(安藤政信)に引き入れられて勢力を拡大。そんな中、大越組幹部を父に持つ久松(東出昌大)と大輔(桐谷健太)、五誠会に囲われている麻美(土屋アンナ)、19年前の事件を調査しているルポライターの森澤(柄本佑)が出会ったことにより……。


 前作「GONIN」を観たときの衝撃が大きかったので、流石にそれを超える事は難しいでしょうし、時代背景も変わっているので単純に比較できませんが、登場人物たちの”執念”とか”男臭さ”が明らかに違います。

 なので、その辺の緊迫感が本作品では伝わりにくかったですね。

 現代の設定で、19年前と同じような内容のお話をやると、違和感ありますよね、雰囲気的に。

 それでも、役者陣は良くやっていたと思います。

 根津さんを観られたのは嬉しいんですが、あの状態での出演は観ていて気の毒で、でも良くやってくれたとも思い、複雑な気持ちです。

 あと、選曲が石井監督らしくていいですね。

 ちあきなおみ「紅い花」、森田童子「ラスト・ワルツ」、半世紀以上生きた者にとっては痺れる歌です。


     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/937-5d7b4a3f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top