2015
09.28

天空の蜂

Category: 映画
 9月14日(月)TOHOシネマズにて映画「天空の蜂」をTOHOデーにて鑑賞。
    IMG_20150807_110336.jpg
 劇場ポスターにどなたかのサインがしてあったので写メしてみました↑。

 朝一上映開始時間9時15分からだったので、バイト明け後劇場に直行しチケット購入。

 先週末公開作品だからかお客さんは60人位入っていました。

 原作は未読です。

 あらすじ:1995年夏、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新の設備を搭載したヘリコプターが、正体不明の人物によって奪われてしまう。やがて遠隔操作されたヘリは稼働中の高速増殖炉の上空でホバリングを開始し、テロリストが日本全国の原発停止を求める犯行声明を出す。さらに、ヘリ内に子供がいることがわかり……。


 うーん、原作が良く出来ているんだろうな、と思わせる映画というところか。

 だいぶ反原発色が強く感じましたがそれだけでは無く、原発によって電気等を使っている私たちや、国(政府、官僚等)の対テロ対策や原発の扱いについても訴えかけ、考えさせられる内容になってました。

 多くの人達の書き込みを見ると、大半が高評価のものですが、まぁ気持ちは分かりますが、自分はそこまでではなかったです。

 エンターテインメント作品として作ったのだとしたら、最後の”あのシーン”はやって欲しく無かったです。

 一気に現実に引き戻されてしまうから・・

 まあ”3.11”が起きなかったら(起きて欲しく無かったが)、この内容で作品を作ることは出来なかったんでしょうが。

 あと、子供がヘリに取り残されたり、犯人の持っていた装置が実は・・、とか、ちゃんと関連付けられて意味のあるシーンになっているのには納得ですが、タイムリミット8時間の中でこれだけの事をやるのは、やっぱり出来過ぎていると思ってしまいました。

 自分がこう思うのは映画で見せられたからで、原作だけ読んだら、良く出来てる話だなぁと単純に感動したんだろうなと思います。

 別に難癖を付けているつもりではなく、冷静にそう感じました。

 原作を読んでみようと思います・・


 何にしてもこの作品を観て、何かを感じたり考えたりして欲しいと思います。


     満足度:★★★☆


 P.S. 観た後に色々考えて書いたり消したり何度も行っていたら2週間過ぎてしまい、結果中途半端な感想になってしまいました。
    ただの言い訳です・・
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/936-d04c66b4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top