2015
09.05

キングスマン

Category: 映画
 9月1日(火)よみうりホールにて試写会「キングスマン」を鑑賞。
     IMG_20150902_025750.jpg
 「キック・アス」の監督作だから面白そうと思っていたので、眠いけど何とか起き上がり、傘を持って出かけようと思って外に出たら、青空が広がっていた。

 天気予報外れたか、と思い傘を戻して有楽町へ。

 そしたら、現地は雨がザーザー・・

 時間が迫っているのでしょうがなく濡れながら上映開始5分前に会場入り。

 何時ものように2階席に行ったら、中々の込みようで、右壁側に空席を見つけ着席。

 やっぱり期待している人が多いんだなと納得しながら上映を待つ。


 あらすじ:ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていた。そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良少年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする。


 あ痛たたたぁ・・、R15+指定だったんですねぇ、キツイわー。

 始まって早い時間に、あーあぁ人間が真っ二つだよーっっ(叫)。

 何度か書いているかと思うんですが、20代の頃はこういうのを笑いながら観ていたはずなんですが、半世紀も生きてくるとグロいシーンが段々見るに堪えなくなってくるようです。

 マシュー・ヴォーン監督作なので、予感はありましたが、ここまでやるとはねぇ。

 でも、最後の方はもう笑うしかなくなりました(た~まや~ぁ、って感じで)から、やっぱり普通の監督ではないんですねぇ、きっと。

 なので、グロいのが苦手な人は要注意です!

 グロいところを除けば、大分楽しめる内容でした。

 スパイ映画なので、色々な小道具が出てきますが、特に傘の仕掛けが面白かった。

 役者さんではコリン・ファースのアクション、かなり意外で驚きです、格好良かった。

 そして、タロン・エガートンくん、”有望株見っけ!”ってところですか。

 彼で続編作ってもきっと良い感じに出来上がると思いますよ。

 あと、映画ネタを会話にちょいちょい織り込んで笑わせてくれます。

 特に、相棒の犬に付けた名前”JB”。

 ジェームス・ボンドやジェイソン・ボーンではなく、ジ○○○・バ○○○だって(笑)。

 
 と、まぁ、楽しめる要素が多い内容なので、グロいのが平気な人は気に入るのでは?


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/935-89008a9c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top