2015
07.30

アリスのままで

Category: 映画
 7月25日(土)新宿ピカデリーにて映画「アリスのままで」を特典クーポンで鑑賞。
    IMG_20150727_052659.jpg
 バイト明け後の10時頃、新宿ピカデリーのロビーに行くと大混雑!!

 未だにラブライバーの人達がロビーを埋め尽くしていた。

 そういえば「妖怪ウォッチ」の前売りも今日からだったから、余計に人が多いのか・・

 チケットは直ぐに買えたのに、会場入りするのに10分位掛かり、入場すると予告篇が始まっていた。

 お客さんはまぁまぁ入っていました。


 あらすじ:50歳の言語学者アリス(ジュリアン・ムーア)は、大学での講義中に言葉が思い出せなくなったり、ジョギング中に家に戻るルートがわからなくなるなどの異変に戸惑う。やがて若年性アルツハイマー病と診断された彼女は、家族からサポートを受けるも徐々に記憶が薄れていく。ある日、アリスはパソコンに保存されていたビデオメッセージを発見し……。


 ジュリアン・ムーアといえば自分の中で、とんでもなく詰まらない映画「フォーガットン」の主演女優のイメージ(もう十年以上前の映画)が強かったので、そんな彼女がアカデミー主演女優賞に輝いた本作を観たいと思っていました。

 確かにすばらしい演技でございました、はい。

 若年性アルツハイマーを扱った作品は幾つか観ましたが、家族性アルツハイマー病が遺伝するということを初めて知り、愕然としました。

 正に、アリスの子供たちと同じように・・

 遺伝子検査でアルツハイマーになるのか検査できるんですが、自分がその立場だったら怖くて検査を拒否してしまう気がします。

 もし陽性だった場合は100%発症してしまうとの事。

 アリスには家族が居るので面倒を見てくれる人が居ますが、自分だったら気付いた時点で、施設等に入らないといけないんでしょうねぇ。

 何せ自殺すら出来なくなりますから・・


 何て事を考えていたら、お話に感動出来なくなっていました。

 
     満足度:★★★★
スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/929-042f6075
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top