2015
07.04

ラブ&ピース

Category: 映画
 7月1日(水)TOHOシネマズにて映画「ラブ&ピース」をサービスデー鑑賞。
    IMG_20150702_035940.jpg
 バイト明け後雨にも関わらず映画サービスデーだったので、観たい映画の中で一番早い上映時間の本作品のチケットを5分くらい待って購入。

 「新宿スワン」と違って、原作・脚本が園監督なので外さないだろうと思いながら会場入り。

 サービスデーのためか、お客さんは24人(も)居ました。


 あらすじ:ロックミュージシャンになる夢を諦めて以来パッとしない毎日を送るサラリーマン鈴木良一(長谷川博己)は、職場の同僚・寺島裕子(麻生久美子)が気になっているものの話し掛けることができない。ある日、1匹のミドリガメと運命的に出会いピカドンと名付けるが、同僚に笑われてトイレに流してしまう。すぐに後悔する鈴木だったが、ピカドンは下水道を通って地下に住む謎の老人(西田敏行)のもとにたどり着き……。


 園監督らしさを感じられただけでなく、ちょっと他では見られない映画になっていました。

 書き込みの評価が高く感動している人が多い様ですが、自分はそこまでの感動を覚えなかった。

 『ラブ&ピース』や『絆』の曲が良い出来ではなかったからかなぁ。

 意図してワザと陳腐な作りにしたのかなとも思ったりして・・

 曲は兎も角、長谷川くんの演技は良い意味で暴走気味でした(笑)。

 逆に、ピカドンがトイレに流されてたどり着いた地下での様子が、どういうことなのか分かったときには、

 ”ええ話やん”

 と、素直に思え、それまで抱いていた映画に対する印象が変わりました。

 大人のための素敵な童話(寓話)だったんだな、と。


 DVDでまた見直したいと思いました。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/925-d25a2084
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top