2015
06.30

天の茶助

Category: 映画
 6月27日(土)新宿ピカデリーにて映画「天の茶助」を割引クーポンで鑑賞。
     IMG_20150629_042046.jpg
 割引クーポンが今日で切れるので、バイト明け後に劇場に。

 先週ほどでは無いけれど、今週もコンボセットを手にラブライバーがホールを埋めていた。

 朝の時点で本日分の「ラブライブ」のチケットは完売(プラチナ席除く)していたから、恐るべしラブライバーですよ。

 こちらの方は初日にも関わらずお客さんは30人に届かない状況、って大丈夫か?。


 あらすじ:大勢の脚本家たちが、地上に住む人々の“人生のシナリオ”を書いている天界。そこでお茶くみをしている茶助(松山ケンイチ)は、ある脚本家が担当する女性ユリ(大野いと)に惹(ひ)かれる。しかし、ユリが交通事故で亡くなる事実を知って衝撃を受けた茶助は、何とかしたいと天界を抜け出して地上へ向かう。


 何てこった、不安が的中してしまった(泣)。

 「うさぎドロップ」を観て以来のSABU監督作で期待していたんですけどねぇ。

 疾走感とファンタジー溢れる内容を望んでいたが、疾走感は最初の方だけで、ファンタジー色はまぁ良いんだけど、途中から何がどうなってるのか、それ必要なの?とか、観ていてもうどうでもよくなっちゃった感じでした。

 ある人の書き込みに”キャストの無駄遣い”的なことを書いていましたが、その通りと思ってしまった。

 伊勢谷くんは特にね。

 茶助が”能力”を使い始めてからの展開がどうにも納得出来ない。

 そんな事できるんなら、もっと早くその”能力”で違う展開にできたんじゃないの?

 そもそも、何故オフィス北野製作?、何故沖縄が舞台なの?

 イメージ的に天界に近い感覚はありますけどね。


 運命は決まっているけれど、それを変えることは出来るよ、って感じの事を伝えたいのかなとは思うけど説得力に欠けます。

 
     満足度:★★☆ 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/924-d169d6b8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top