2015
05.08

ソロモンの偽証 後篇・裁判

Category: 映画
 5月4日(月)TOHOシネマズにて映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」をレイトショー鑑賞。
    IMG_20150505_001111.jpg
 これも一日1回レイトショー上映になっていて助かりました。

 こちらはお客さんが11人でした。


 あらすじ:被告人大出俊次(清水尋也)の出廷拒否により校内裁判の開廷が危ぶまれる中、神原和彦(板垣瑞生)は大出の出廷に全力を尽くす。同様に藤野涼子(藤野涼子)も浅井松子(富田望生)の死後、沈黙を続ける三宅樹理(石井杏奈)に証人として校内裁判に出廷するよう呼び掛ける。涼子は柏木卓也(望月歩)が亡くなった晩、卓也の自宅に公衆電話から4回の電話があったと知り……。


 先ず 「宮部みゆき ソロモンの偽証」

 と、タイトルが映し出されますが、作者名を敢えて載せるのはあまりよろしく無いように思うのですが、どうでしょう。


 ”次々明らかになる衝撃の真実”

 と、チラシに書いてあるので、どんだけ驚かされるのか、期待しちゃいますよね。

 でも、予想はしていましたが、全然驚かなかったことに驚きました。

 それは無いんじゃないの、と。

 あいつの独りよがりのために、こんなことになったのか、と憤りさえ感じます。

 良い方に考えれば、松子ちゃんと、2A担任(本当に気の毒)以外を丸く収めるための裁判だったのかな、と。

 前篇を観た以上、結末を知りたくて後篇を観た訳ですが、テレビで連続ドラマにした方が良かったんじゃないのかな?


     満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/911-366776b8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top