2007
01.15

最近読んでる小説

Category:
 昨年10月位から小説をよく読むようになりました(普段読まなさ過ぎです)。
もともと、バイト帰りに時々読んではいたけれど、読むのが異常に遅いもので、最後まで読み終わるまでに2ヶ月位かかったりしてました。
 それが、部屋でも少し読むようになり、一月に1冊のペースにまでなりました。
 最近読んで気に入ったのが、「変身」(東野圭吾著)と「スプートニクの恋人」(村上春樹著)と「ジャンプ」(佐藤正午著)です。
 どれも、出版されてから随分経ちますが、自分は何時も古本屋で文庫本を探して買っているので、読みたくても人気の高い作品はナカナカ置いていない場合が多いので、どうしても、数年経ってから読む事になってしまいます。
 東野圭吾さんや村上春樹さんは、一般的に知られていますが、佐藤正午さんはどうなんでしょうか?
 約20年程前に公開された「永遠の1/2」(根岸吉太郎監督作品)という映画を観て好きになり、この原作を読んで佐藤正午さんを知りました。
 その後、2,3冊の著書を読んでからは、10年以上読んでいませんでした。
 最近、古本屋で「ジャンプ」を見つけて、久しぶりに佐藤さんの小説を読みたくなりました。
約3年程前に映画化もされていたので、興味もありましたし。
 簡単に言うと、付き合って半年程の彼女が、コンビニに林檎を買いに行ったまま行方不明になり、彼氏が行方を探すというお話です。
 読み終わって、映画にはなり難い気がしましたが、でも、映画は見てみたいと思います。
 で、今読んでるのが、佐藤正午さんの「Y」という小説です。
これは、ちょっと現実離れしたSF的なお話で、まだ読み始めたところなので、読後に書き込みしたいと思います。

 他にも読みたい本が沢山あるんですが、突然読むのを止めるときまで(だいたい何時も突然飽きて読まなくなるんです)何冊読めることやら・・・
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/91-fd2e6615
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top