2015
03.15

ソロモンの偽証 前篇・事件

Category: 映画
 3月10日(火)TOHOシネマズにて映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」をレイトショー鑑賞。
    IMG_20150312_041350.jpg
 どちらかと言えば「幕が上がる」の方を観たかったが、時間が合わず、こちらの作品にした。

 平日のレイトってこんなもんなのかなぁ、お客さんが12人とは・・


 あらすじ:クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が転落死してしまう。彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者からの告発状が放たれたことによってマスコミの報道もヒートアップ。さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が続出してしまう。事件を食い止めようともせず、生徒たちをも守ろうとしない教師たちを見限り、一人の女子生徒が立ち上がる。彼女は学校内裁判を開廷し、真実を暴き出そうとするが……。


  宮部みゆき原作の映画に良い印象を持った記憶が無かったので心配でした。

 正直、宮部さんに聞いてみたいです、どうでしたか、と。

 原作好きの方の怒りの声のレビューを見させてもらうと、残念な結果だったのかもしれません。

 が、自分は原作未読なので何とも言えません。

 ただ、良い印象は持っていません。

 観ていて気分の良いものでは無いから・・

 だって人間の嫌な部分が沢山出てくる。

 そこまでして描写する必要があるの?というシーンが自分には疑問です。

 虐めのシーン、父親の家庭内暴力、交通事故のシーン、等・・

 自分的には極上ミステリー謎解き映画なのかなと思い観たいと思った作品だったので、一部ホラーチックな描写にドン引きです。

 それでも観る価値のある映画だと感じました。

 それは主演の藤野涼子ちゃんの存在です。

 この娘を観るための映画と言っていいでしょう。

 お話よりも、つい彼女に目が行ってしまいますから。

 二部作の前篇なので中途半端に終わるだろうとは思っていたけど、

 ”えぇー、ここで終わりなのかぁ!!?”

 と、声を上げてしまう終わり方。

 ワザとなのかと勘繰ってしまうくらいです。

 本編を観た人の大部分は後編を観ずにはいられないでしょう。

 エンドロール後の後篇の予告編を見せられたらねぇ。


      満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/896-45e61b8e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top