2015
02.25

きっと、星のせいじゃない。

Category: 映画
 2月23日(月)TOHOシネマズにて映画「きっと、星のせいじゃない。」をポイント鑑賞。
    IMG_20150203_054702.jpg
 本当は試写会で観るはずが体調不良のため行けず、悔しいのでバイト明けの朝一の回に近所の映画館に滑り込んだ。

 残念ながら観客は4人だった。


 あらすじ:末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。だが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガス(アンセル・エルゴート)と知り合う。ヘイゼルに惹(ひ)かれたガスだが、彼女に距離を置かれてしまう。ヘイゼルに振り向いてもらおうと、彼女が敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに成功するガス。それをきっかけに、二人は作家に会おうとオランダへ旅行に出るが……。


 難病ラブロマンスものなので、もっと泣かされるのかと思っていましたが、こういう題材を扱ったにしては軽妙なテンポで重い雰囲気にしない作りは良かったですね。

 流石、「(500)日のサマー」と同じ脚本家が手掛けた作品といったところか。

 良い感じの台詞も多々あり、字幕の上手さなのか元々の台詞が良かったのか、多分その両方が上手く噛み合ったと言うことなのだろう。

 ただ、度々指摘していることですが、邦題がイマイチぴんと来ないんです。

 これじゃあ、内容をうまく伝えられていないと思います。
 
 何故、原題「さよならを待つふたりのために」を使わなかったのかな。

 出演者に関しては、特に、友人役アイザックのキャラと使い方が絶妙に感じたのは、ナット・ウルフくんの功績大でしょう。
 
 そして、ウィレム・デフォーが出ていたのは嬉しかった(全然知らなかったので)、こういう役、本当にピッタリだから。

 残念なのは、「ダイバージェント」でも書いたけど、主演の女の子がどうも好きになれないことだ。

 内容に関しても考えさせられる事があったし、音楽も何気に良かったなぁ。


 沢山の若い人たちに観て欲しい映画ですが、如何せん、お客さんが入っていないのが心配です・・


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/894-a6615fbd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top