2015
01.22

海月姫

Category: 映画
 1月21日(水)TOHOシネマズ日本橋にて映画「海月姫」をポイント鑑賞。
    IMG_20150121_092340.jpg
 今週金曜日で上映終了との情報を知り、朝一でやっているところを探してバイト明け後に日本橋に移動。

 隠れ(?)能年ファンとしては、昨年「ホットロード」を見逃していたので、本作品こそは映画館で観ようと思っていました。

 そして「海月姫」TVアニメ版をDVDで見てからの映画鑑賞になります(原作漫画は未読)。

 観客は女性が多く12名でした(寂しい・・)。


 あらすじ:人生において男は不要だと考えるオタ女子集団「尼~ず」の面々が集まる、男子は立ち入り禁止のアパート天水館。そこに暮らすクラゲオタクの月海(能年玲奈)は、熱帯魚ショップでひと悶着(もんちゃく)あったところをファッショナブルな女性に助けてもらう。次の日の朝、ひょんなことから彼女が女装をしていた蔵之介(菅田将暉)という男性だとわかって驚がくする。それを機に、蔵之介は男性であることを秘密にし天水館に出入りする。月海たちと蔵之介が交流を深める中、天水館の取り壊しが決まってしまう。


 原作漫画の実写化にかなりのレベルで成功したと言えるのではないでしょうか。

 難関と思われた蔵之介役ですが、再現は正直不可能だと思っていましたが、菅田くん頑張りましたね!

 どうしても違和感が拭い去れないが、女装に関しては合格点をあげて良いと思います。

 ファッションショーのシーンは女性も羨む見事なプロポーションでした。

 そして、能年ちゃんは、可愛いすぎますね。

 変身前も普通に可愛いですから、もう少しギャップがあったらもっと良かったでしょう。

 他の”尼~ず”に関しても全く問題無し、というより出来過ぎです(笑)。

 ”石化現象”は上手く作っていて笑ってしまいました。

 そしてそして、もこみちクン、あれが彼本来の姿(演技してない)なんじゃないのかと思ってしまう位嵌っていました(特にファッションショーでのシーン)。

 最後に、何といっても陰の主役は”クラゲ”でしょう!!

 新江の島水族館、近いうちに必ず行って”クラゲ”を見てきます。


 もう少しヒットしても良い作品だと思うんですけど、今週で終わりなんですねぇ、残念・・



     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/888-d235661c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top