2014
10.23

トワイライト ささらさや

Category: 映画
 10月21日(火)一ツ橋ホールにて試写会「トワイライト ささらさや」を鑑賞。
    IMG_20141018_055550.jpg
 予告編を観て、大泉洋が出てる笑えそうな映画だと思ったので、観ようと思いました。

 お客さんは、まぁ入っている方でしょうねぇ、空席が少ないので。

 原作は未読です。


 あらすじ:サヤ(新垣結衣)は夫のユウタロウ(大泉洋)を突然の事故で亡くしてしまう。人に対して疑いを抱かないサヤが、一人で息子を抱えることを心配するユウタロウ。成仏できずに、いろいろな人の体に乗り移って、サヤのために手助けをすることに。のどかでどこか不思議な町ささらの人々に助けられながら、サヤは母親として成長する。


 大泉洋あっての作品というところでしょう。

 ガッキーは勿論主演で可愛いし、お母さん役を頑張って演じていましたが、大泉洋はガッキーのことが気になって(20回位気になっていたようです(笑))成仏できず、常にガッキーを見守っていて、ユウタロウを見える人にだけ憑依して、憑依された人が大泉洋になって演じるのが面白いから笑いを誘うのです。

 お話は二の次な感じですね。

 なので大泉洋自身はそれ程出番はないんです(ナレーションをしているのでそんなに出ていないイメージを持たないだけで)。

 ”家族愛”や”ささら町の人々との関係性”について描きたかったんでしょうが、自分には淡々と描かれたイメージしか無かったです。

 そして、ユウタロウと父親との確執についても、そこまで父親を毛嫌いする必要を、ラスト近くの”ユウタロウの一生”を見ても感じませんでした。

 まぁ、それでも、ホロリとさせられたんですけどね。

 
 そういう訳で、本作の見所は、ガッキー、大泉洋(憑依された人を含む)、そしてユウスケくんのトンデモナイ程の可愛らしさ、になります。


 なにはともあれ、もう一度観に行く予定です。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/878-d4dd0f7f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top