2014
10.14

泣く男

Category: 映画
 10月10日(金)中野ZERO大ホールにて試写会「泣く男」を鑑賞。
    IMG_20141010_043513.jpg
 久しぶりに中野での試写会。

 涼しくなってきたので、何とか起きてギリギリに入場。

 もっと空席が多いのかと思っていたが、そこまで酷くは無かったけど、自分は余裕のある2階席に座りました。


 あらすじ:悲しい過去を持つゴン(チャン・ドンゴン)は、中国系マフィアの殺し屋として暗躍していた。すご腕のプロとして名をはせた彼だったが、ある晩、任務遂行中に無関係の幼い少女ユミ(カン・ジウ)の命を奪うという大きなミスを犯す。彼は取り返しのつかないことをしたと行方をくらますが……。


 「アジョシ」の監督作品だったので観たいと思いました。

 そう思う人が大多数でしょうが、中にはチャン・ドンゴンのファンの人も居るでしょう。

 流石に「アジョシ」ほどのどうしようもなくやり場の無い切なさは感じられなかったけど、それでも胸を締め付けられるところはありました。

 アクションに関しては、かなり派手でハードで、韓国ならではと言えます。

 まぁ普通の人間なら途中で死んでいるでしょうけど(笑)。

 チャン・ドンゴンが誤って少女を殺してしまい、その贖罪として、少女の母親をどこまでも守り続けますが、それでも最後には自分を許せずに・・・

 この時のチャン・ドンゴンの行動と、少女の母親のセリフに、正直、泣けます。

 そして最後の最後に邦題の意味が・・・


 「アジョシ」観た人も、まだ観ていない人も、ぜひ「泣く男」をお勧め致します!


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/876-fb63ad50
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top