2014
10.07

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

Category: 映画
 10月6日(月)WB試写室にて試写会「 イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 」を鑑賞。
     IMG_20141007_041148.jpg
 この作品は近所の映画館で上映されない予定なので久しぶりの試写会に当たって嬉しかった。

 10分前位に入場すると大分席に余裕があり、試写会の応募期間が短かったからなのか、単に人気が無いからなのか分からないがちょっと寂しい感じです。

 まぁ自分もこの試写会で作品の事を知ったのだから、宣伝自体殆どされていないのだろう。

 鑑賞後に調べたら、都内は2館だけの上映みたいなので納得しました。


 あらすじ:高校3年のミア(クロエ・グレース・モレッツ)はチェロ奏者を夢見ていた。ミュージシャンの恋人アダム(ジェイミー・ブラックリー)と交際をスタートしてから1年、充実した日々を送っていた。しかしある雪の日に、ミア一家が乗った車が対向車と衝突。昏睡(こんすい)状態のミアは、なぜか意識不明の自分自身の姿を見ていた。そしてミアの生死の行方は彼女自身に委ねられ……。


 原作はベストセラー小説とのことですが、勿論未読です。

 クロエちゃんが出てるから観たいと思っただけで、自分の様な人か、原作好きの人が観る映画なのかなぁと思いました。

 「キック・アス」(これだけDVD鑑賞)、「ヒューゴの不思議な発明」、「キャリー」、「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」と成長を見守ってきた自分としては、今のところ着実に大人への階段を昇り、しかも綺麗な女性になっていて安心しています。
 ということで、本作品は彼女を観る為の映画と言っていいでしょう。

 素直に感動できる方も居るとは思います(自分も少し泣いてしまいました)が、お話的には驚くような展開になるわけでもなく、多くの方の想像通りの結末になるでしょう。

 なので、見所は”彼女”になってしまうのです。

 あと、使われている音楽はセンスあるな、と思いました。

 なので、彼女に興味が無い人が観ると、退屈な映画になってしまう恐れが・・

 このままひっそりと(今週末から)公開されて、知らないうちに終わってしまうのは勿体無い気がします。


 一般的には、この後(10月25日)公開の「イコライザー」の方が日の目を見ることでしょうね。


     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/874-d1128d47
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top