2014
09.22

るろうに剣心 伝説の最期編

Category: 映画
 9月20日(土)TOHOシネマズにて映画「るろうに剣心 伝説の最期編」をレイトショー鑑賞。
       IMG_20140922_092418.jpg

 今日は混んでいようとも本作を観る気満々で夜慌てて起きて映画館に。

 最終上映ギリギリに駆け込んだので、正確な人数は分かりませんが50~60人のお客さんが入っていた様です。


 あらすじ:海を漂流し流れ着いたところを、剣術の師匠である比古清十郎(福山雅治)に助けられた緋村剣心(佐藤健)。その後剣心は、山中で居を構え陶器作りに励む師匠に対し、飛天御剣流の奥義を教えてほしいと懇願する。一方、甲鉄艦・煉獄に搭載した大砲で一つの村を襲撃した志々雄真実(藤原竜也)は、政府に対して剣心を指名手配し、捕らえて処刑するように求める。


 これで一応完結ということで、自分としてはある程度満足しています。

 アクションに関しては、役者さんたちの頑張りにより、本当に見ごたえあるシーンになっています。

 ラストの志々雄vs4人(剣心一人じゃやっぱ無理な訳なんですね、だって強すぎだもん志々雄)は良くも撮ってくれましたと云わざるを得ないシーンです(拍手)。

 藤原竜也という役者が志々雄を演じたからこその成せる業だったのでしょう。

 ただ、彼の剣から放たれる炎はどういう理屈なのか分からないのは自分だけか?

 これ以外にも???の部分があったけれど、多分原作を知らないからなんだろうということで納得させました(笑)。

 原作ファンには納得できないところも多々あるようですが、役者さんたちに免じて暖かく見守ってあげて欲しいです。

 自分も細かいところを云えば色々出てくるんですが、そういうところを補って余りあるアクションシーンの出来の良さを観て楽しみましょう、と云いたいです。


      満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/872-543a2242
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top