2014
09.16

フライト・ゲーム

Category: 映画
 9月14日(日)TOHOシネマズにて映画「フライト・ゲーム」をTOHOデーでレイトショー鑑賞。
    IMG_20140915_221835.jpg
 観たい映画は流石に混んでいたので、その中でも一番空いていた本作を選択。

 お客さんは18人でした。


 あらすじ:ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機。その警備を任されている連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)のもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く。限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する。


 リーアム・ニーソン主演なので安心して観ていられましたが、ジュリアン・ムーアも出ていたので、いやーな感じはしたんですが、やっぱり微妙な役でした。

 演出的に疑わしい人だらけに見えてしまうので(遣り過ぎな演出と思われる部分もありますが)、ホントに誰が犯人なのか分かりません。

 主人公のリーアムでさえ疑ってしまいます。

 あまり犯人捜しなど考えずに、流れのままハラハラしながら楽しむといいと思われます。

 考え過ぎると、”あの台詞はどういう意味だったのか(そもそも意味のある台詞だったのか)?”とか、

 ”ジュリアンは一体何者だったのか”とか、不明なまま終わってしまうので、頭の中に????が幾つか浮かんでしまう事態に陥りますので(笑)。

 それにしても、上のチラシは一番盛り上がってる時の良いシーンのカットで恰好良かったです。

 ラストは多分誰でもが想像してしまうだろう、お決まりのパターンで終わります。

 出来ればもっとアクションシーンが観たかったですけど、設定的に無理ですよね。

 あと、ありがちですがやっぱり邦題よりも、原題「NON STOP」のままで良かったのではと思ってしまいます(笑)。


      満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/871-8e77b083
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top