2014
07.31

ノア 約束の舟

Category: 映画
 7月29日(火)TOHOシネマズ有楽座にて映画「ノア 約束の舟」をシネマイレージデー料金で鑑賞。
     IMG_20140731_042325.jpg
 近所では上映が終了していて、出来れば映画館で観たいと思っていたのでバイト明け後に有楽町へ来た。

 予告編が始まってから入場したら結構暗くて、大体だけど30人位はお客さんが居た感じです。


 あらすじ:夢の中で世界滅亡を意味するかのような光景を目にしたノア(ラッセル・クロウ)。それが神からのお告げであり、全世界を飲み込むほどの大洪水がやって来ると悟った彼は、その日から家族と共に一心不乱になって巨大な箱舟を造る。さらに、生命を絶やさぬようにと、この世の全ての種類の動物を次々と箱舟に乗せていく。だが、ノア一家の前に不安に駆られて箱舟を奪おうとする者たちが立ちはだかる。


 想像はしていたけれど、観ていて楽しい内容のものでは無かったです。

 聖書は子供の頃読んでいましたが、その頃に内容が解る訳も無く、今では殆ど覚えていない始末です(笑)。

 ただ予告編を観た時に映像が凄そうだったので観たかったのですが、それ程多くは無く、暗い話が淡々と綴られます。

 ノアが頑なに”神”の啓示を守ろうとして生まれてくる女の子の赤ん坊を殺そうとする辺りは、ホラーな感じまで漂わせます。

 そして、動き出す前の”方舟”に集まってくる人間を、”番人”達が吹き飛ばすシーンは、同じ人間として居た堪れない状態でした。

 まぁ、こうでもしないと、”方舟”作った意味が無いですもんねぇ。

 にしても残酷なシーンです。

 全体を通して”神”に対する考え方が日本人には理解しがたいものがあると思うんですが、言いたい事は概ね伝わってきたので退屈することは無かったです。

 色々考えれば考えるほど何が正しいのか解らなくなってしまいそうで深い内容にも思えます。
 
 ラストは個人的にはこういう形で良かったんだと思います。

 人間が罪深いのはよく解るが、”神”もある意味罪深い気がしますよ。


 内容が内容だけに万人にはお勧めできませんね。


     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/867-f089d744
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2014.08.07 20:31 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2014.08.10 12:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top