2014
07.23

ダイバージェント

Category: 映画
 7月20日(日)TOHOシネマズにて映画「ダイバージェント」をレイトショー鑑賞。
               D1000022.jpg
 今日も夕方から雷雨だったので、夜に映画館に向かった。

 昨日、今日と夜中は半袖だと肌寒いくらいの気温でとても過ごしやすく、外を歩くには気持ち良い感じです。

 流石に昨日よりは人が居るようで、観客は11人(大差無いかな?)でした。


 あらすじ:世界が崩壊してから100年後の未来。復興を果たした人類は、16歳で受ける選択の儀式によって人々を軍・警察にあたるドーントレス、政権を運営するアブネゲーション、教育・研究を担うエリュダイトといった五つの共同体に振り分け、そこで人生を全うすることを強制していた。16歳になったトリス(シェイリーン・ウッドリー)も選択の儀式を迎えるが、どの共同体にも適さない異端者(ダイバージェント)と判断されてしまう。異端者は政府に抹殺されるのを知った彼女は、うそをついてドーントレスへと所属する。


 本国では、原作も映画も大ヒットのようですが、自分が観た感想はどこが??でした。

 設定は面白そうだと思って観た訳ですが、”五つの共同体”と、”異端者”になった者達の生活がキチンと描かれていない。

 今後続編を作る予定ならまあしょうがないけど、自分としてはその辺りを期待していたので拍子抜けだった。

 子供達がジャレてるようにしか見えなかった。

 そして、あくまでも好みの問題になってしまうが、一番の問題は、主演の女の子に魅力を感じられなかったことだ。

 これ、致命的です。

 なので上映時間2時間19分がとてつもなく長く感じられてしまった。

 眠くもないのに眠くなるみたいな・・

 ちょっとお金が勿体なく感じました。


     満足度:★★☆
 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/865-07657421
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2014.07.23 23:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top