2014
04.30

仁義なき戦い

Category: 映画
 4月28日(月)TOHOシネマズ日本橋にて映画「仁義なき戦い」を鑑賞。
               14-04-28_002.jpg
 「午前10時の映画祭」で本作品が上映されると知り、バイト明け後に2度目のコレド室町2へ向かう。

 チケット購入後、時間が少しあったので前売り券コーナーを覗いていたら「ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」が売っていた!!
 買うのが恥ずかしかったので一度売場を離れたが、今度日本橋に来るのが何時になるか分からないと思ったら、戻って買ってしまっていた(笑)。

 そんなことをしていたら時間になったので会場入りすると。30人位入って居ました。

 暦上は平日なのに、GWで休んでいる人は意外に多いのかな・・


 日本暴力団抗争史上で最も多くの血を流した“広島ヤクザ抗争”を、渦中の人物“美能組”元組長の獄中手記を基に描いた飯干晃一の同名ノンフィクションの映画化。深作欣二監督が、斬新で迫力ある映像を駆使してドキュメンタリー・タッチで描いた大ヒット実録ヤクザシリーズの記念すべき第1作目。敗戦直後の広島・呉。復員してきた広能はその度胸ときっぷの良さを買われ、山守組の一員に。それを機に、弱小勢力だった山守組は組織を拡大、ついには他組織との全面抗争へと発展していく……。


 この手の内容の映画は元々苦手だったので今まで観ていなかったのですが、この歳になってから観て良かったんだと思いました。

 題名の通り”仁義”なんてものは感じられない、次から次と裏切りや抗争で簡単に人が死んでいきます。

 本当に”えぇーっ”て思わず笑ってしまうくらいにです。

 そんな中で文太アニキは格好よかったねぇー、特にラストがね。

 ”実録”っていうことで本物に裏付けされているせいなのか、スクリーンから迫力・緊張感がピリピリと伝わってきます。

 深作監督のエネルギー・情熱を感じる映画でした。


 当時は、登場人物と同じような人達で映画館は溢れていたんでしょうか、怖いですねぇ、想像したくないですねぇ。


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/849-a028bcfb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top