2014
04.08

LIFE!

Category: 映画
 4月5日(土)TOHOシネマズにて映画「LIFE!」をレイトショー鑑賞。
               D1000006.jpg

 何時ものように夜に這い出し、腰痛が相変わらずだけれど、何とか歩けそうだったので映画館へ来た。

 今日は本作品を観るつもりだったので、迷わず選択し会場入り。

 やっぱりお客さんは20人位だった。


 あらすじ: 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく。


 自分も結構な”妄想好き”だけど、ここまでスケールがデカくないので、自分はやっぱり人並み以下なんだなと(笑)。
 
 その点、主人公:ウォルターは(”妄想”が)デカい人間です。

 もっと”妄想”シーンが多くても良かったのかとも思いましたが、ファンタジー色が強くなると本題からかけ離れてしまう恐れがありますからね。

 自分の”現在”を見つめ直し、今より一歩でも前に進めるように勇気付けてくれる、そんな映画なのだから。

 それは、”仕事”だったり、”恋愛”だったり、”夢”だったり、”全部”だったり(笑)、人それぞれ何かしら当てはまるところがきっと見つかると思います。

 まぁ中には”俺の方がもっと頑張ってるよ!”

 と思う人が居るかもしれないので、そんな方には、他の映画を観ていただこう。

 お話的に出来過ぎてる感がありますが、笑いどころも沢山あるし、”25番目のネガ”を探すために前後のネガが何処で撮影されたものかを探すシーンなど自分はとても楽しめましたよ。

 主人公が恋する女性に自分としてはあまり魅力を感じられなかったのが残念です。

シャーリー・マクレーン、元気そうで何よりです。

 ショーン・ペンが美味しい所を持って行った感がありますが、役に合っていたので良かったです。

 ”LIFE”最終号の表紙が自分には意外でしたが、胸に響くものがあり、気持ちよく劇場を後に出来ました。

 
     満足度:★★★★
 

 P.S. エレベーターの中で聞こえる音楽がホール&オーツの曲(個人的に大好きなので嬉しかった)なのは何か意味があったのか気になるなぁ・・
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/846-707533ea
トラックバック
□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショーン...
『LIFE!』 dot 京の昼寝〜♪dot 2014.05.24 08:04
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top