2014
03.31

ローン・サバイバー

Category: 映画
 3月29日(土)TOHOシネマズにて映画「ローン・サバイバー」をレイトショー鑑賞。
               14-03-31_001.jpg
 予告編を見たときに

 ”「プライベート・ライアン」を超えた”

 的な文字を見かけて、本当かどうか確認したかったので観たかった。

 お客さんは20人程でした。


 あらすじ: 2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯である特殊任務に就いていた4人のネイビーシールズは200人を超えるタリバン兵の待ち伏せに遭い、猛攻撃を浴びてしまう。それは世界最強の戦闘能力を持つ精鋭部隊といえども、死に等しい絶望的な状況だった。そんな想像を絶する極限状況の中、一人の兵士が生き延び奇跡的に生還する。


 ”何故、彼だけが生還できたのか”

 と、予告編やチラシに書いてあったが、そういうことだったのか!と、そうじゃなければ無理だよな、と思いました。

 4人のネイビーシールズが偵察中に遭遇した山羊飼い3人を拘束しながらも、殺すか解放するかで悩んだあげく解放してしまい、圧倒的大多数のタリバン兵と戦う羽目に。

 このシーンは実に難しい判断です。

 生きて帰り裁判にかけられるか、死を選ぶか、正に人間性をも問われるところなんですから。

 でも、武器を持たない人間を解放したことで、最終的に、彼も生きて帰れたのではないかなと。

 ストーリー上全く関連はありませんが、そんな風に思わせられました。

 約200人のタリバン兵VS4人のネイビーシールズの戦いは”凄惨”と言うしかない状態でした。

 逃げ場が無く、引くしかない状態で、崖を転がり落ちるシーンはあまりにも痛すぎます。

 しかも2回もあります。

 生きているのが不思議なくらい。

 何故そこまで戦えるのか、それは冒頭の訓練を見ているので、納得してしまいます。

 それでも「プライベート・ライアン」を超えてはいないと思います。

 あと、何処までが事実として描かれているのか分かりませんが、原作を読んでから映画を観た人の中には、原作とは違う部分があり、残念だったと怒りも露わな感じに書込みされていました。

 それについて、良いとか悪いたとか言うことはできませんが、事実を元に作っている以上はなるべく忠実に作って欲しいという思いはありますが、そのまま描いたらドキュメンタリーになってしまいますよね。

 原作と映画との違いに、観た人がどう感じるのかをそれぞれが考えればそれでいいのかなと、自分は思いました。

 そして、アフガニスタンの民族同士での戦いがあることを初めて知りました。

 半世紀生きてきても、知らない事が多いです(自分の場合は多すぎですけどね(笑))。


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/845-959c53cd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top