2014
03.13

エージェント:ライアン

Category: 映画
 3月11日(火)TOHOシネマズにて映画「エージェント:ライアン」をシネマイレージデイ鑑賞。
               14-03-12_001.jpg

 丸3年を迎える日に映画なんてとも思ったんですが、逆に日々の穏やかな一日一日を大事にする意味で好きな映画を観られる時に見ておこうと思い、バイト明け後、朝一に映画館へ向かう。

 やっぱりこういう日だからか、お客さんは4人でした。


 あらすじ: ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストという、二つの顔を持つジャック・ライアン(クリス・パイン)。ある日、モスクワの投資会社チェレヴィン・グループの不審な動きをキャッチし、上官ハーパー(ケヴィン・コスナー)にエージェントの現地派遣を要請する。しかし、彼から返ってきたのはライアン自身による調査命令だった。チェレヴィン・グループへの監査を装ってモスクワへと飛んだライアンだが、そんな彼に同グループの警護員が襲い掛かってくる。


 それ程期待もしていなかったのが良かったのか意外に楽しめました。

 展開が早く、其れなりにハラハラもさせてくれたのでまぁ満足です。

 細かい事を云うと出来過ぎだし、そんなに上手くいく訳無いとか、現代を舞台に米ソ間の争いってどうよ、とかまぁ色々あるんですけど、そんなことを言い出すと楽しめないので、あまり考えずに観た方が宜しいかと思われます。

 主人公が、国の為に事件を解決するというよりも、彼女を救うために体を張ったとしか思えないのがちょっと・・

 とは言え、彼女が居なければ作戦が成り立たなかったから、しょうがないんですけどね。

 昨年公開の「スーパーマン」に続いて、ケヴィン・コスナーが良いポジションで好演しているのは嬉しい限りです。

 そして、ケネス・ブラナーの存在感は流石と言うしかない。

 ただ、この手の作品の監督は彼じゃ無い方が良かった気がしてなりません。

 本作はシリーズ化されるようなので、次回作は多分違う監督になるのでは?と予想します。

 
     満足度:★★★☆


 P.S.鑑賞後帰宅し、14時46分に黙祷しながら眠りにつきました。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/841-1c3ce224
トラックバック
□作品オフィシャルサイト 「エージェント:ライアン」□監督 ケネス・ブラナー□脚本 アダム・コザッド、デヴィッド・コープ □原作 トム・クランシー □キャスト クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー■鑑賞日 2月15日(土...
『エージェント:ライアン』 dot 京の昼寝〜♪dot 2014.05.27 08:21
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top