2014
02.17

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

Category: 映画
 2月15日(土)TOHOシネマズにて映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2D版)」をレイトショー鑑賞。
               14-02-17_001.jpg

 先週に引き続きの雪で交通機関が大混乱な状態で、バイト終了時刻になっても交代人員が到着しないため帰れず、8時過ぎにやっと帰れることに。

 だが、外は積もった雪と朝方から雨に変わった為、グチャグチャな状態で何処をどう歩いても、結局靴の中に水が容赦なく侵入して、どうにか帰り着いたときには、靴はもう使い物にならない状態で、足はふやけてしまってました。

 昼位に一旦寝て、何時も通りに夜起きだして、DVDを返却&借入してから映画館へ。

 今日は最初からこの作品を観るつもりで来ていたので迷わずチケット購入し会場入り。

 流石に雪は大分溶けて歩きやすくなっていたからかお客さんは10人でした。


 あらすじ: アベンジャーズの一員として、ソー(クリス・ヘムズワース)がニューヨークで激闘を繰り広げてから1年。ロンドンで謎の重力異常が起き、その調査を天文物理学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)が行うことに。しかし、その過程で地球の存亡を左右するダークエルフのパワーを宿してしまう。愛する彼女を救うすべを探ろうと、ソーは彼女を連れて神々の世界アスガルドへと向かうが、それが家族や故郷にも危機をもたらしてしまう。窮地に陥った彼は、血のつながらない弟ロキ(トム・ヒドルストン)に助けを求める。


 今回、笑えるシーンが沢山あって面白かった。

 それに、ソーというよりロキの方が目立っていた感じだった。

 だって、あの時に○○○と皆思った筈なのに、あぁなるとは、ねぇ。

 まぁ前振り的なシーンがあることはあったんだけどねぇ・・

 ソーだけだと、そんなに強さを感じない(神ってだけで不死身でもないしねぇ)から、最後は人間と協力して解決する形になって、ますますソーは地球に依存する感じに思えるのは、ストーリー上意図的なものなのかな。

 浅野忠信さんは、今回ホンのちょっとの出演だったけど、出続けることが大事だよね、うん。

 そして、”サー”アンソニー・ホプキンスにはまだまだ頑張って貰いたいですね。

 あと、エンドロールの間?に流れた映像の意味がよく分からなかったけど、”続編を見ろ”と言うことだと解釈しました(笑)。
 
 この後は「キャプテン・アメリカ」の続編が公開されるようですが、その前に前作を観ていないので早めにレンタルして復習するつもりです。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/837-cbb9344a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top