2014
02.04

僕は友達が少ない

Category: 映画
 2月1日(土)TOHOシネマズにて映画「僕は友達が少ない」をレイトショー(サービスデー)鑑賞。
                14-02-03_001.jpg

 疲れてるけど観たい映画が溜まってきているので、取りあえず夜に起きだして映画館へ。

 もう日付も変わろうとしている時間だったので、候補は3本、内、一番入って居ない作品がこれだったので決めました。

 予告編を見た時に、タイトルが自分の事を言っているのか?と思ってしまい、出演者にあまり魅力を感じなかったけど観たいと思っていました。

 入場する(入場者プレゼントを貰いました)と、男だけの5人でした。

 公開初日でサービスデーにも関わらず、この人数で大丈夫なのか?

 
 あらすじ: 聖クロニカ学園2年生の羽瀬川小鷹(瀬戸康史)は、3か月前に転校してきたものの、ハーフで金髪という風貌で誤解されやすいために、友達が全然できなかった。ある日、きつい性格と毒舌のせいで孤立していた三日月夜空(北乃きい)とひょんなことから知り合い、友達作りを目的とした「隣人部」を結成。入部希望者が続々と集まってくる。しかし、部員の一人が考案したゲームが波乱を起こし……。


 原作も知らずに期待も全くしていなかったので、ごめんなさい、面白かったです(笑)。

 自分の事かと思ったくらいだから、小鷹の気持ちが良く分かった(環境や容姿は自分と全然ちがうけど)。

 そして隣人部部員の各キャラの設定が可笑しくて面白い。

 前半は特にずっと笑っていた気がします。

 ちょっとどうかと思う部分が2点ありました。
 
 一つは、カメラアングルがエロいところ。

 パンチラは、見えるか見えないか位が良いのに(昭和感覚のオヤジなので(笑))パンツが見えちゃってるし、巨乳を殊更クローズアップしすぎてるところ。

 元々がこういうところをウリにしていて人気があるのかもしれませんが、自分は巨乳が苦手なのもので・・

 あと一つは石原良純の絡みシーンです。

 あれは無くていいシーンでしょう。

 北乃きいちゃん、正直苦手なんだけど、この役に合ってて良かったと思いました。

 他の女の子は、ごめんなさい、知らない娘ばかりですが、悪くなかったですよ、ホント。

 生徒会長は、キモかったかな(笑)。


 映画館で、とまでは言わないけれど、DVDでもいいから観たら嵌るかも?(自分は嵌った系・・)


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/833-07c5f28f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top