2013
12.04

鑑定士と顔のない依頼人

Category: 映画
 12月3日(火)よみうりホールにて試写会「鑑定士と顔のない依頼人」を鑑賞。
                13-12-02_003.jpg
 上映開始15分前に会場入りしたら、思った以上の入りで、何時もの2階席でも通路側は空きが無く、入り口近くの壁側に座る。
 
 しかし、上映開始時には自分の周りに空席が見当たらない程の状況だった。


 あらすじ: 天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺(のこ)した美術品を査定してほしいという依頼を受ける。屋敷を訪ねるも依頼人の女性クレア(シルヴィア・フークス)は決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美術品の一部を見つける。その調査と共に依頼人の身辺を探る彼は……。


 実は、前情報を全く入れないで観たんですよ。

 そしたら見事に、気持ち良いくらい騙されてしまいました。

 面白いんだけど、可愛そうな映画。

 ジェフリー・ラッシュ、素晴らしい役者さんです!

 「英国王のスピーチ」でも良かったんですけど、こちらも良い。

 ただ、可愛そう・・

 あんまり言うとよくないので、ぜひ内容には触れず、そして観ながらあれこれ考えないで欲しいですね。

 チラシに書いてある通り”極上のミステリー”です。

 そして、観終わってから、あの時の台詞は・・・とか、あれはそういうためのものだったのか、とか悔しがりながら振り返ってみて下さい。

 そして、多分、もう一度映画を観たくなるでしょう。

 だって、今の自分がそうだから(笑)。

 トルナトーレ監督、流石です。


     満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/818-5df1405c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top