2013
11.25

キャリー

Category: 映画
 11月22日(金)TOHOシネマズにて映画「キャリー」をレイトショー鑑賞。
                13-11-25_001.jpg

 デ・パルマ監督作が良かったと記憶していた(もうそんなに覚えていない)ので、思い出す意味でも観ようと思い、会場入りするとお客さんは16人だった。

 
 あらすじ: 狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では周囲から疎外されている女子高生キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。彼女は、激しい興奮状態に陥るとある能力を使うことができるテレキネシスだった。それを誰にも打ち明けることなく、キャリーはつらく寂しい日々を送っていた。そんな中、ひょんなことから彼女は女生徒たちの憧れの的であるトミーとプロムパーティーに参加することに。喜びに浸るキャリーだが、その裏では彼女への残酷ないたずらが計画されていた。


 デ・パルマ版はもっと怖くて可愛そう(切ない)なイメージがあったけど、今回のはそこまででは無かった。

 昔のキャリー役より可愛く見えるせいなのかも?

 クロエちゃん=ヒット・ガールのイメージが強すぎて、この役には向いていない感じもしたなぁ。

 まして能力に溺れてしまった感があり、彼女にあまり同情できない。

 またCGで何でも出来ちゃうから、終盤の惨劇がシラケてしまう部分もあるのかも。

 それでもフロントガラスに顔がめり込むシーンはちょっと気持ち悪かった。

 結局、殺された豚が一番可愛そうなのかも(笑)。

 
 超能力を扱った映画としては「クロニクル」の方が楽しめると思います。


     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/814-f151656b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top