2013
11.14

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義

Category: 映画
 11月12日(火)シネマート新宿にて映画「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」を鑑賞。
                13-11-12_001.jpg
 評判が良さそうだったので朝から時間を合わせて劇場に。

 チケット(会員サービスデー1000円)を買っていたら係員が

 ”今丁度本編が始まりました”

 と教えてくれたので急いで会場入りしたら観客は5人でした。


 あらすじ: 香港で有名な繁華街モンコックで爆破事件が発生し、ほどなく5人の警官が車ごと消失。その中に香港警察行動班副長官リー(レオン・カーフェイ)の一人息子がいることが判明し、捜査の指揮を執るリーは全署を挙げて人質救出作戦“コールド・ウォー”を展開。一方、リーと次期長官の座を争う保安管理班副長官ラウ(アーロン・クォック)は、捜査方法に反対し、二人は激しく対立するが……。


 いやー、何だろう、この緊張感がずっと続く感じ。

 「インファナル・アフェア」とまではいかないが、良く出来ていると思う。

 ただ、警察関係部署や登場人物が多く誰が誰だか始めは分かりづらい(自分だけか?)。

 展開が進むたびに怪しい人が変わって行き、見事に騙される自分が居た。

 当然、犯人も分からなかった。

 そして、事件が片付いたかと思ったら、

 ”えーっ!!”

 って状態で終わる。

 久しぶりに面白いと思える香港映画だった。

 こういう映画こそ上映館数を増やして多くの人に観て欲しいんだよなぁ。

 それにしてもこの分野に関して、邦画は香港映画には敵わないと言うしかないなぁ。


 続編が出来たら観たいぞー。


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/812-3d9e0471
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top