2006
12.21

火曜フジドラマ

Category: ドラマ
 「役者魂」第10話。
 まあ、普通の対応ですよねこれが。
 『嘘はこういうときにつくんだね』と言った桜子のセリフが、今回の全てみたいな気がします
 まあこのままで終わるハズはないんだろうけど、最終回に何か驚くようなことでもあったら、このドラマを評価したいんだけど、どうなることやら・・

 「僕の歩く道」最終話。
 薙くんが鳶(トンビ)を探して空を見上げるシーンが象徴的でした。
 お母さんが夜中に薙くんの部屋で子供のときの写真を見ていたシーンはちょっとウルッときました。
 その反対に『僕にだって予定がある』と言われたお母さんには笑いました。
 とても良い終わり方だったと思います。
 きっと、スペシャル番組でその後の話が作られるでしょうから、見てみたいですね、薙くんの成長を。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/81-effd71f8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top