2013
10.24

キッズ・リターン 再会の時

Category: 映画
 10月21日(月)TOHOシネマズにて映画「キッズ・リターン 再会の時」をフリーパス鑑賞。
                13-10-22_001.jpg

 バイト明け後これもタダでなければ多分観なかっただろう映画ですが、朝一一日1回上映だったので観ておこうかなと思いぎりぎりに会場入り。

 観客は何と二人でした。


 あらすじ: 落第生のシンジ(平岡祐太)とマサル(三浦貴大)は高校卒業後、それぞれボクシングと極道の道へと進んだ。だが、現実は思いのほか厳しく、サエない日々を送っていた二人が、卒業以来10年ぶりにたまたま再会したことをきっかけに一念発起。シンジはもう一度リングに上がる決意をし、前科者のマサルは全てを懸けた大きな勝負に出る。


 観る前にも思ったけど、続編作る必要あったのか?とやっぱり思ってしまった。

 確かに彼らのその後を見たい気持ちはあるが、映画としては、北野監督作で完結しているものと思っている。

 演じる人も撮る人も変わっているから、違うものに見えてしまう。

 そして、当然作品の出来も違う。

 比べたら可愛そうなくらい・・

 でもそれはしょうがないでしょう、前作が良すぎたんだから。

 なので続編ということを考えないで観たとしても、物足りないというか中途半端は感じを受けた。

 テンポが良くないし、笑うべきシーンなんだろうけど笑えなかったり、終盤でのチンピラ・ユウジと彼女の扱いや、その後のマサルの無謀な行動にはちょっと納得できない。

 でもラストのボクシングシーンは良かった。

 というかここだけ良かった。

 あ、あとシンジの彼女・マナミのキャラを倉科カナが好演していた。

 うーん、やっぱり前作と比べてしまってるなぁ・・


 この作品に限らず、三浦貴大が何故これほど色んな映画に出ているのか不思議なんです。

 其れなりに演じているとは思うんですが、魅力を感じないんですよね。

 まぁあくまで個人的な感想なんですがねぇ。

 
 うわーぁ、感想まで中途半端になっちまった(-_-;)


     満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/803-88bb2a92
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top