2013
10.16

謝罪の王様

Category: 映画
 10月13日(日)TOHOシネマズにて映画「謝罪の王様」をレイトショーでフリーパス鑑賞。
                13-10-15_002.jpg

 このままではとてもじゃないけど帰れないので、口直しに笑える映画にしようと、この作品を選択。

 観客は、先程と同じ20人位、まさか同じ人が自分みたいに思っているんじゃないかと思ってしまう。


 依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、黒島譲(阿部サダヲ)。ヤクザの車と追突事故を起こし、法外な賠償金の支払いを迫られていた帰国子女・典子(井上真央)は、彼に助けられたのがきっかけでセンターのアシスタントとなる。二人は、セクハラで窮地に陥った下着メーカー社員の沼田(岡田将生)、あるエキストラの起用で外交問題を起こしてしまった映画プロデューサー・和田(荒川良々)など、さまざまな顧客に降り掛かる問題を謝罪で解決していく。


 流石に先程(「R100」)と比べるとまともな映画に思えてしまう。

 笑えるシーンも多く、オムニバス形式だけどそれぞれをうまく関連づけて作っているところは良かったなと。

 ただ、その笑いも最期まで続く訳も無く、終盤の○○国との揉め事も、もう少しスマートに纏められなかったのかな、と残念に思う。

 挙句に

 ”土下座を超えた究極の謝罪”

 が、あれですか、笑えません・・

 拍子抜けもいいところだ。

 妙に耳に残るし、振り付けも簡単で直ぐに覚えてしまうけど、子供がマネして遊ぶレベルです。

 そして極め付きは、エンディングの歌とダンス!

 今まで何観てたんだっけ?って、映画の内容を忘れてしまうくらい、否、一瞬ポカンとして忘れてましたよ確実に、っていうくらいインパクトあり過ぎ。

 歌とダンスで映画の事を忘れて劇場から出て行ってくださいと言う狙いなら、見事なんだけど、そうじゃないでしょ、きっと。

 映画の内容以外で熱くなってもしようが無いんだけど、つい言いたくなってしまうんですね。

 
 クドカン作品はやっぱり映画館で観なくてもいいのかな、って感じです。


      満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/798-02d8073c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top