2013
09.28

エリジウム

Category: 映画
 9月24日(火)TOHOシネマズにて映画「エリジウム」をシネマイレージデーで鑑賞。
                13-09-25_001.jpg

 バイト明け後、連休明けにも関わらず朝一から結構な人が屯していました。

 予告編が始まるまでに入場した観客は22人でした(圧倒的におっさんが占めていた)。

 
 あらすじ: 2154年。スペースコロニー“エリジウム”で生活する富裕層はパーフェクトな居住空間で過ごす一方、荒廃した地球に暮らす貧困層はひどい搾取に苦しんでいた。エリジウム政府高官のローズ(ジョディ・フォスター)が地球の人間を消そうと動く中、地球で暮らすマックス(マット・デイモン)はエリジウムに潜入することを決意。残り5日しかない寿命を懸けて戦いに挑む。


 こういう映画は嫌いじゃないから楽しめました。

 「第9地区」はDVDで見たんですが、今回は随分お金かかってますよね。

 でも驚きは前回の方が大きかったかな。

 マット・デイモン主演だから観るって人も居るだろうから、そういう意味では良い配役(ジョディ・フォスターは何か勿体ない使われ方だったように思われる)でした。

 まず、スペースコロニー(富裕層が住む”エリジウム”)。

 コンセプトデザインがあのシド・ミード(「ブレードランナー」「エイリアン2」で有名な方)なんですね。

 今までだと密閉型しか見たことないんですが、今回のは大気圏内にある状態のオープン型コロニーなので、入ろうと思えば誰でも入れる状態なんです。

 勿論誰でも入れないようにローズ長官(ジョディ・フォスター)が所属する民間協力局(CCB)が
で治安維持を行っていますが。

 そして、主人公マックスが装着するパワードスーツ。

 上の分かりずらい写メの強化外骨格でスーツタイプでは無いため装着するときは痛々しいです。

 さらに、”エリジウム”で使われている医療ポッドには驚かされた。

 あらゆる病気(白血病などの不治の病)を治すだけでなく、1/3位吹き飛んだ顔の修復まで出来ちゃう優れもの。

 こんな時代が来るんですかねぇ。

 まぁこんな感じで関心する事も多かったんですが、逆にそんなんでイイの?と思う部分も結構あった。

 しかも壮大なイメージなのにかなり狭いところでの話になっちゃってるのは勿体ない。

 大体の映画に言えることだが、説明不足な部分は多少なりともあるわけで、今回に関してはそれ程気にしなくても良い範囲だと思う。

 自分はあまり細かい事は考えずに楽しめましたよ。


 ニール・ブロムカンプ監督の次回作にまた期待したい!


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/790-a5f71b7b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top