2013
09.24

サイド・エフェクト

Category: 映画
 9月22日(日)TOHOシネマズにて映画「サイド・エフェクト」をレイトショー鑑賞。
                13-09-24_001.jpg

 ドラマ「半沢直樹」最終回放送時間帯を狙って映画館に行ってみたが、特別空いた様子もなく何時も通りの状態にちょっとガッカリしながらも、会場入りすると観客は13人だった。


 あらすじ: 金融マンであった夫マーティン(チャニング・テイタム)が違法株取引で逮捕されたのを機に、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、交通事故や自殺未遂を引き起こすように。診察にあたる精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は、かつて彼女を診ていたシーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に相談。エミリーが抱える症状の詳細を聞き出し、彼女の了承も得て抗鬱剤の新薬アブリクサを投与する。症状が快方に向かっていたある日、マーティンがナイフで刺されるという事件が起き……。


 レビュアーの評価が高かったのでちょっと期待したのがいけなかった。

 ソダーバーグ監督作品で「トラフィック」以外はあまり好きでは無かったことを見始めて思い出す始末。

 何故そんなに評価が高いのかとても疑問です。

 役者が豪華で好演技なこと以外は特に楽しめないんだけどなぁ。

 一部を除けばほぼ予想通りな感じだったので・・

 相性っていうのも確かにあると思うので、自分には合わなかったということでしょうか。

 ソダーバーグ監督最後の作品との事ですが、これが最後で後悔しないのかね?

 自分としてはルーニー・マーラを観られただけで、ある程度満足しています。


     満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/789-8bdf601a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top