2013
08.19

ホワイトハウス・ダウン

Category: 映画
 8月9日(金)中野サンプラザにて試写会「ホワイトハウス・ダウン」を鑑賞。
                 13-08-06_002.jpg
 上映開始10分前に着いても、長蛇の列が・・

 また時間になっても入りきれないパターンのようだ。

 しょうがなく列の最後尾まで行って並び、入場すると上映開始時間を過ぎていて、それでもまだ行列は終わらなかった。

 1階席にも余裕があったけど、2階席に行って上映を待つ。

 結局、10分以上も遅れて上映が始まった。


 あらすじ: 大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指すも、不採用となってしまった議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)。不採用だったことで幼い娘を悲しませたくないと、気晴らしも兼ねて彼女を連れてホワイトハウスの見学ツアーに参加する。だが、そこへ謎の武装グループが乗り込み、瞬く間にホワイトハウスを制圧した上に大統領とケイルの娘らを人質にして籠城。未曽有の事態に全世界が混乱する中、ケイルは武装グループに挑む。


 どうしても「エンド・オブ・ホワイトハウス」と比べてしまいますが、個人的には「エンド・オブ・・・」の方がまだ楽しめました。

 乗っ取り方としては本作品の方が現実的な気がしましたが、はっきりした”善”vs”悪”では無い分、ぼやけた戦いになった気がします。

 あと、本作品は大統領だけでなく、自分の娘の命も係っているところが違うくらいでどちらも、乗っ取ってから最終目的までやってる事は殆ど同じに感じるので、後から観た方が不利ですよね。

 観る順番が逆だったら、どう思ったか分かりませんが。

 両方観たい人には、本作品を観たら、「エンド・オブ・・・」はDVDとかで良いように思います。

 もしくはどちらかだけでもありでしょう。

 個人的には主人公に魅力を感じなかったのと、大統領のキャラがあまりにも現大統領を意識しすぎていたのも残念に思いました。

 自分とは逆の感想を持つ人も居ると思うので、あまりどうこう言わないでおきますね。


     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/782-1f7148d2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top