2013
07.29

三軒茶屋シネマにて

Category: 映画
 7月23日(火)三軒茶屋シネマにて映画2本立てを鑑賞。

 通常1300円のところ、火曜日は男性800円だったので、休みを取ってバイト明けで出かけた。

 20代の頃に三軒茶屋の映画館に来たことがあったが、多分こちらではなく、既に無くなっている映画館の方に行ったんだと思うが、景色が大分変わってしまった気がする。

 チケット売り場が懐かしい形だなと思いながら、会場入りすると正に昔の名画座だなぁと20代を思い返してしまう雰囲気で、椅子もギシギシ煩かったが、これも味わいだよなと許せてしまった。

 平日の朝一で会場には20人ほどの人が席を埋めていたが、やっぱり男性が殆どを占めていた。


 1本目「ボクたちの交換日記」
                 13-07-29_001.jpg


 あらすじ: 甲本孝志(小出恵介)と田中洋平(伊藤淳史)はお笑いコンビ「房総スイマーズ」を結成して12年目だが、いまだに売れる気配がない。コンビの将来について膝を突き合わせて話すことをしてこなかった二人だったが、彼らはもう30歳。お笑いに情熱を傾け続け、相方と一緒に成功したいと願いつつも後がない二人は、互いに本音を語り合うべく交換日記を始める。



 原作は知りませんが、夢と挫折を描いたほろ苦い青春映画というところでしょうか。

 ある意味、二人とも夢を叶えられなかったということになるのでしょうが、自分のこれまでの人生を振り返るとどちらも羨ましい限りです。

 一人は成功を治め、もう一人は守るものを見つけた。

 自分には、苦い思い出以外、、何も無い・・・

 そんなことを思いながら、小出くんと伊藤くんを観ていた。

 ”お笑い”って演技の中でもかなり難しい方だと思うんですが頑張って演じていましたね。

 自分は、笑われることはあっても笑わすことは出来ませんから(笑)。

 そういえば、三軒茶屋シネマが映画の中に出ていて、正にその映画館で見ているのは不思議な感覚でした。

 あと、二人の彼女があまりにも理想的すぎる女性だったのが、ちょっと現実離れしていて個人的に残念だったのですが、どうやら監督の好みでこのようにしたみたいだから狙い通りということでしょう。

 小出くんの泣き顔が未だに忘れられません。


     満足度:★★★★

 

 2本目「グッモーエビアン!」
                 13-07-29_002.jpg

 あらすじ: 元パンクバンドのギタリストのアキ(麻生久美子)と、娘で15歳のハツキ(三吉彩花)は、友達のような関係。ある日、ヤグ(大泉洋)が海外から2年振りに二人のもとへ帰ってくる。ハツキは、自由気ままなヤグと、それを笑い飛ばして許すアキに対し、イライラしてしまう。そんな中、親友トモがハツキとけんかしたまま転校してしまい、さらにはアキとヤグの過去を知ることになり……。


 ハッキリ言って、三吉彩花ちゃんと能年玲奈ちゃん狙いだった訳で、予想通り彼女らを堪能できました(笑)。

 内容は二の次だったんです、申し訳ないけどね。

 そして二人の演技は予想以上に輝いて見えました!

 また、アキとヤグもキャラに合った役者さんを選んでいて良かったです。

 ヤグの顔落書きが面白すぎ!!

 反対に、ストーリーに関してはあまり良いとは言えない感じでした。

 多分、現実感が無さ過ぎたんだと思います。

 なので見所は、役者さんたちの演技と、ラストのライブですかね。

 ライブにはちょっと感動しました、大泉さん結構唄もいけるんですね、見直しました。


     満足度:★★★☆

                13-07-23_004.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/779-45e2eb83
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top