2013
06.28

二流小説家 シリアリスト

Category: 映画
 6月25日(火)TOHOシネマズにて映画「二流小説家 シリアリスト」をシネマイレージデーで鑑賞。
               13-06-26_001.jpg
 予告編を見て面白そうだと思い、バイト明けの朝一で会場入りしたら、観客は9人だった。


 あらすじ: ある日、小説家としてぱっとしない赤羽一兵(上川隆也)は、死刑が確定している連続殺人犯の呉井大悟から告白本の執筆を依頼される。彼はそのチャンスに飛び付き、呉井に面会に行くと、彼を主人公にした小説を書くという条件を提示される。赤羽は、ふに落ちないながらもOKし、3人の女性たちに取材をするのだが、行く先々で殺人事件が発生し……。


 原作は未読、とても面白いと人気らしいが、映画を観る限り、そんな気配さえ感じなかった。

 犯人に特別驚きも無く、音楽だけが不気味さを演出していた。

 しいて言えば連続殺人犯役の武田くんの演技が見ものな位。

 原作は”全米を欺いた”

 のかもしれないが、映画は日本を舞台にしてしまったことで無理があったんじゃないのだろうか。

 色々首を傾げる所があったり、ホラーっぽいけどそれ程怖い感じでもなく、中途半端?

 とある書き込みに”映画を観るお金で原作を読みなさい”

 とありましたが、その通りなのかも・・

 個人的にそこまで酷いとは思わなかったが、まぁ面白いとはお世辞にも言えないかな。

 でも自分は二流以下なのでこれ以上のコメントを控えます(笑)。


     満足度:★★

 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/774-f257f9d2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top