2013
05.31

バレット

Category: 映画
 5月27日(月)なかのZERO大ホールにて試写会「バレット」を鑑賞。
                 13-05-25_001.jpg

 上映開始15分前に会場入りするも、空席が目立ち、またもや1階席でゆったり鑑賞できた。


 あらすじ: 逮捕歴26回、有罪2回と、修羅場をくぐり抜けてきた殺し屋ジミー(シルヴェスター・スタローン)。相棒の復讐(ふくしゅう)を遂げようと奔走していた彼は、やむを得ない状況から敵対するべき相手である刑事テイラー(サン・カン)と手を組むことになる。言葉よりも弾丸で全てを解決しようとするジミーと法と刑事の職務を順守するテイラーは、衝突を繰り返しながらも奇妙な絆を育んでいく。やがて、そんな彼らの前にマフィアや警察、冷酷非道な殺し屋キーガン(ジェイソン・モモア)が立ちはだかる。


 この試写会が当たった時点で期待しちゃいけないと思ってしたし、会場入りしてその思いは確信に変わった。

 そして、予想通り、残念な結果だった

 「ストリート・オブ・ファイヤー」が大好きだった自分としては、ウォルター・ヒル監督の名前に反応したけれど、十年ぶりの映画作品とのことで、過去の人になりつつあるのだろうか。

 スタローン演じるジミー・ボノモは容赦無く依頼をこなすが、女子供は殺さないというポリシーを持っていて、刑事が嫌いだ。

 ある依頼された仕事の後、相棒が殺され、自らも命を狙われるが未遂に終わり、殺し屋を取り逃がしてしまう。

 ジミーは誰に命を狙われたのかを探っていく途中で嫌いな刑事テイラーを助けてしまう。

 お互いの利害が一致していたため行動を共にするあたり、一種のバディムービーと呼べなくもないがイマイチかみあっていない感じ。

 次から次に人が殺されるが、悪い人ばかりなので、見ていて心が痛まない(笑)。

 終盤のジミーvs殺し屋キーガンの肉弾戦は肉体派スタローンの見せ場でもあるが、ここだけちょっと盛り上がるだけで他は特にドキドキも無い。

 雰囲気は70・80年代風で良いんだけど、中身が無いんだなぁ。

 観終わって数日経っている今、思い出すのも苦労するくらいだから・・


     満足度:★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/766-fbde13a1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top