2013
04.26

ライジング・ドラゴン

Category: 映画
 4月23日(火)TOHOシネマズにて映画「ライジング・ドラゴン」をレイトショーにて鑑賞。

                    13-04-25_001.jpg

 ”ジャッキー最後のアクション映画”との触れ込みを見たら、それはもう映画館に行くしかないということで、平日のレイトショーにやって来たが、観客は10人程でちょっと寂しい状況でした 


 あらすじ: 19世紀に起きたイギリスやフランスの侵攻によって、中国から持ち出されてしまった清王朝時代の秘宝。それは12のパーツから構成されていたが、残る数体の所在が不明となっていた。世界的アンティークディーラーから幻のパーツの捜索を依頼されたトレジャーハンター「アジアの鷹」ことJC(ジャッキー・チェン)は、チームを編成してパリ、南太平洋、中国などを飛び回る。しかし、行く手を阻もうとする謎の敵と対峙(たいじ)。さらに、秘宝とその捜索の裏に巨大な陰謀が隠されていることを知る。


 鑑賞前に少しだけ書き込みを見ていたのでそれ程期待はせずに観ました。

 アクションについては文句無しです!

 いきなりの全身スケボー(?)状態での逃走劇から始まり、終盤でのパラシュート無しでの落下ダイビングまで正に命がけのアクションの数々。

 もう三ツ星の満点です!
 
 でも、お話が、ねぇ・・

 実話を絡めてのストーリー展開に政治色が被さって、アクションを単純に楽しめない、水を差すような作りだ。

 そして中盤で繰り広げられる”トレジャーハンティング”的笑えないシーンの数々には参った。

 いきなり日本語を喋る海賊(?)まで出てくるから、”どうしたんだジャッキー??”って心配してしまう程。

 それでも、エンドロールでのNGシーンの痛々しい姿を観たら、全て許してしまいそうになった。

 プラス、ジャッキー自身の感謝のコメントにも感激した。

 
 色々言いたい人は居るだろうが、これまでのジャッキー映画に感謝しつつせめてこの作品は映画館で観てあげましょうよ。


     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/760-daebae08
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top