2013
04.04

ジャンゴ

Category: 映画
 3月30日(土)TOHOシネマズにて映画「ジャンゴ 繋がれざる者」をレイトショーで鑑賞。
                13-04-03_001.jpg

 今回は入場すると30人超えくらいの観客が居て、意外に人気があるんだなと思った。

 第85回アカデミー賞脚本賞&助演男優賞受賞(クリストフ・ヴァルツ)はダテじゃないってことか。


 あらすじ: 1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって自由の身となる。やがて2人は協力し、次々とお尋ね者たちを取り押さえることに成功する。その後、奴隷市場で離れ離れとなってしまった妻を捜す目的のあったジャンゴは、農園の領主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)のところに妻がいることを突き止め……。


 タランティーノ好きでもないし、西部劇も苦手な自分ですが、意外にも笑えるシーンがあり楽しんだのかな。

 でも、銃撃戦はかなりグロテスクでちょっと気分を悪くした。

 それに、”ボカシ”を随分久しぶりに観た気がする。

 ジャンゴの銃捌きはカッコ良かったし、キング・シュルツは顔色一つ変えずに打ち殺すし、キャンディの目はぎらついていて如何にもな悪役だった。

 関係無い話だけど、酒場でビールサーバーを使ってビールを注いでいるシーンがあったけど、この時代にもうサーバーがあったのには驚いた。

 ビールを飲みながら鑑賞したかったなぁ。

 ちょっと上映時間が長いのとグロいシーンを除けば、娯楽作品として面白く観られますよ。

 

     満足度:★★★★


               13-04-03_002.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/757-d0a5de18
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
- dot dot 2013.04.13 13:38
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top