2013
03.27

脳男

Category: 未分類
 3月26日(火)TOHOシネマズにて映画「脳男」をシネマイレージデーで鑑賞。
              13-03-27_001.jpg

 チケットフロアに行くと春休みのせいで子供達が沢山騒いでいて、失敗したかと思ってしまったが、本作品を観る子供は居ないだろうからと思いチケットを買って入場する。

 今日もやっぱり十数人の観客だったが妙に思ったのは、おばあちゃんの二人組。

 孫くらいの生田斗真くんを見に来たのかなと思いながら予告編が終わって本編が始まったら、急に席を立って退場した。

 上映開始時間が同じだった「ひまわりと子犬の七日間」の上映会場と間違えたんだろうなぁ、きっと。

 原作は確か昨年あたりに読んでます。


 あらすじ: 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は犯行が常軌を逸したものだったため、精神鑑定を受けることに。担当となった精神科医・鷲谷真梨子(松雪泰子)は感情を表さない一郎に興味を持ち、彼の過去を調べ始めるが……。


 原作を結構変えちゃってましたね、同じにしたく無かったんでしょう、きっと。

 原作では爆弾魔が最後の最後まで分からないようになってますが、映画では、早い時間に分かってしまいます。

 精神鑑定に関する問いかけをするためなのか原作に無い役を映画に追加した様で、これにより脳男よりも精神科医・鷲谷に比重が置かれている感じを受けた。

 刑事・茶屋の扱いも低く、唯一、ラストだけちょっと目立っただけに終わっていた。

 爆発シーンだけは、CGを使わないで撮ろうとしていたため、迫力はあったが何時の間にそこまでの準備を一人で行えたのか疑問だし、爆弾魔vs脳男のシーンも原作とは全く異なり、どういう意味があるのか分かりかねた。

 何故かホラー色が強くて、冒頭、爆弾魔が被害者女性の頭を万力に固定し舌を切り取るシーンから始まって、幾つかのグロいシーンがあり、それだけでも苦手な人は映画を観られないんじゃないかと思います。

 かといってアクション映画っていうほどのアクションも無かったし。

 唯一、脳男を演じる生田斗真くんの美しさが光ってましたが、肝心の”脳”を使うシーンがあまり無かった気がしました。

 ”脳男”なんだから、もっと使おうよ”脳”を。

 観るべきところは、これ(斗真くん)だけかもしれない・・

 斗真くんファンが観る映画ってところなのかなぁ。


     満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/755-d9db4ce4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top