2013
03.16

テッド

Category: 映画
 3月9日(土)TOHOシネマズにて映画「テッド」をレイトショーで鑑賞。
                
                13-03-14_001.jpg


 公開からほぼ2ヶ月が経ちますがまだ勢いが衰えない感じの本作品を、やっと観に行くことになりました。

 人気があると思っていたのに、夜中24時上映の会場に入ってみたら自分を入れて2人だけの観客でビビリました。


 あらすじ: いじめられっ子からも無視される孤独なジョンは、クリスマスプレゼントとして贈られたテディベアと友人になれるように祈る。彼の願いが通じたのか、テディベアに魂が宿り、ジョンにとって唯一無二の親友テッドとなる。それから27年の月日が経ち、中年となっても親友同士であるジョン(マーク・ウォールバーグ)とテッド。一緒にソファでくつろいでは、マリファナをくゆらし、映画を楽しんでいる彼らにジョンの恋人ロリー(ミラ・クニス)はあきれ気味。ジョンに、自分とテッドのどちらかを選べと迫る。


 こんなお下劣な映画が日本でヒットするとは思えない内容なんですけどねぇ・・

 テディーベアが喋って、腰振って、ヤクきめてる映画が特に女子に受け入れられてるとは。

 ある程度の下品さなら笑い飛ばせるんですが、ウ○チネタは遣り過ぎなんじゃないかなと。

 本国の人達は平気なんでしょうね、自分にはどうしても受け入れられませんが。

 その部分を除けば概ね楽しく観られました。

 「フラッシュゴードン」について知識があったら、もっと楽しめたのかな。

 あと、ノラ・ジョーンズが出てるのには驚いた。

 字幕の訳し方で、納得できない部分(ジョンとテッドの壮絶なケンカのキッカケになる台詞)があり、本国では明らかに知られていないキャラを日本人への受け狙いだけ(多分)で使っていた。

 日本語吹替えでやるのなら別に良いと思うんだけど、字幕はなるべく忠実にしてほしいものです。

 
 DVDで字幕と吹替え両方楽しめそうですね。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/750-0eab1cf1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top