2013
03.05

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

Category: 映画
 2月26日(火)TOHOシネマズ日劇にて映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(3D版)」を鑑賞。

13-03-02_002.jpg

 前日、第85回アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた本作が気になり、バイト明けに銀座まで歩くと丁度入場開始時間で、思ったより空いていて肩透かしをくらす。


 あらすじ: 1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、ベンガルトラが乗っていた。ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を狙っていて……。


 いやー、これは監督賞に値しますよ、ホント。

 漂流のシーンは台湾でセットを作って4年くらいかけて撮っているそうなので撮影は想像絶する大変さだったと思いますよ。

 退屈になりそうなんだけど、海の怖さや神秘性や美しさを3Dを使って視覚に訴えてきました。

 3D映像は、「アバター」を超えたかと言われると微妙だが、観る価値はあると思います。

 それにしても自分がパイの立場だったら、泳げない自分は真っ先にお陀仏ですよ、全く(笑)。

 ただ、観たもの全てを信じていいのかどうかよく分からない終わり方だったのが気になった。

 (本当は居なかった?とかね)。


     満足度:★★★★

 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/747-70121485
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top