2013
03.02

クラウド アトラス

Category: 映画
 2月25日(月)ワーナーブラザース映画試写室にて試写会「クラウド アトラス」を鑑賞。

               13-03-02_004.jpg

 上映開始15分前に入場したにも関わらず空席が殆ど無く、一列目の真ん中に座ることに。


 あらすじ: 1849年、太平洋諸島。若き弁護士に治療を施すドクター・ヘンリー・グース(トム・ハンクス)だったが、その目は邪悪な光をたたえていた。1973年のサンフランシスコ。原子力発電所の従業員アイザック・スミス(トム・ハンクス)は、取材に来た記者のルイサ(ハル・ベリー)と恋に落ちる。そして、地球崩壊後106度目の冬。ザックリー(トム・ハンクス)の村に進化した人間コミュニティーのメロニム(ハル・ベリー)がやって来て……。


 約3時間の長編でしかも500年の間の6つのお話を行ったり来たりする超大作です。

 「マトリックス」シリーズを作った監督作ということと、ペ・ドゥナが出演しているので観たいと思った映画でしたが、これだけ壮大だとは思わなかった。

 観始めたときはどうなるのかと心配だったが、段々繋がりが見えてきて、よくこれだけのものに纏められたものだなと。

 ”輪廻転生”とか”業(カルマ)”とか”運命(さだめ)”などの言葉を思い浮かべましたが、結局は”愛は人類を救う”ってことなのかな、と自分は思いました。

 ただ、一度観ただけでは6つのお話の繋がりが理解できない(自分だけかも?)のと、未来のネオ・ソウルの描かれ方が自分としては好きになれなかったのが残念です。

 ペ・ドゥナ自身は重要な役で頑張っていたし、良かったんだけどね。

 メイクアップが懲りすぎていて、誰が何の役をやったのか観ていて分からず、エンドロールで種明かしをして、我々を驚かせてくれます。

 ここまで分からないとそれが良いのかどうか疑問に思いましたけど。

 本国アメリカでは不評だったとのことですが、自分はそこまで嫌いではありませんが評価は正直難しいです。

 誰にでも薦められませんが大きいスクリーンで体感した後、DVDでしっかり見直したい映画ですね。

 
     満足度:★★★


 P.S.仕事に遅れそうだったので、エンドロール途中で退場してしまいました。
    WBの方には申し訳なかったと思います、済みませんでした。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/746-4325e47c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top