2013
02.28

ひまわりと子犬の7日間

Category: 映画
 2月22日(金)ニッショーホールにて試写会「ひまわりと子犬の7日間」を鑑賞。

             13-02-14_003.jpg


 上映開始10分前に入場したが、前の方がだいぶ空いていたので一番前に座り、足を延ばして観ることにした。


 あらすじ: 妻に先立たれ、シングルファーザーとして二人の子どもを育てている保健所職員の彰司(堺雅人)は、命懸けでわが子を守ろうとする母犬と出会う。その犬は、老夫婦のもとで大切にされていたが、夫婦が去り、孤独な中で子犬を生んで育てていた。彰司は犬の母子を守ろうと決意し、母犬に「ひまわり」と名付ける。


 春休みに親子で観に行くのにピッタリの映画でした。

 というより、子供に見せたい映画です。

 動物を飼うことがどういうことなのか、この映画を観たらよく分かってもらえるだろうから。

 涙脆い人はもう泣けてしまうだろう冒頭から始まり、事実を元に作られているせいか、大げさではなく割に淡々と描いているので素直に観られますね。

 主演の堺さんが、またこのキャラにピッタリで、堺さんだからこその人柄が滲み出ているようだった。

 心配だった”オードリー”の若林の演技ですが、彼に合わせたキャラにわざわざしたんじゃないかと思うくらいに演技っぽくなく、彼そのままの感じがしたのは監督の計算だったのかな。

 でんでんさんも良い味だしてました。

 こういうオジサン何処にでも居そうで、またこういう演技が抜群ですよね。

 実際には”7日間”ではなく、3週間くらいの月日で”奇跡”が起こるんですが、その瞬間には涙で顔がびちゃびちゃになってしまいました。

 悲しい涙じゃないから、泣き終わって”ホッコリ”した気持ちになります。

 自分も飼えたら犬飼いたいんだけどなぁ・・


 本当に春休みにお勧めの1本です!


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/745-33d9f284
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top